日曜日, 3月 11, 2012

クロスバイク

最近流行の、クロスバイクというものを購入した。最近写真を撮るのが楽しいので、自転車で都内をぐるぐるとし、写真を撮って回ろうという魂胆なのだ。GPSを使って移動したルートを記録したりできるし、写真に位置情報を埋め込める。夢は膨らむのだ。

クロスバイクは自転車だけど、ママチャリとはかなり違う。まず車体が軽い。タイヤが細く、スピードは30km以上出る。ギアの段数が多くて20段くらいあったりする。値段も高い。初心者用の5万から、20万以上するのもある。ただし、ハンドルの曲がっている本格的なロードレーサーよりは、見た目もママチャリに近くて、初心者でも買いやすいタイプだ。



買ったのは、LOUIS GARNEAU RSR-3 2012モデル。イタリアのメーカー製で、惚れ惚れするほどデザインが格好いい。そして持ってみると、軽っ!と驚いてしまった。片手で余裕で運べるし、盗難に注意というのもよくわかる。


さっそく自転車に乗ってみたのだけど、軽い軽い。これがクロスバイクというものか。スピードもかなり出るし、坂を上がるのも楽。慣れるために10kmくらい走ってみた感想は、まず歩道を走ると尻が痛い。路面のでこぼこが露骨に振動として体に伝わる。逆に、路面の綺麗な道路を走ってるときの気持ちよさは凄い。これは、確かに車道をメインで走るしかなさそうだ。




空気入れも買った。ママチャリより空気圧が高く、また気圧もタイヤにあわせて調整しないといけないので、メーター付きのものが必要なのだ。週一回は入れろということだけど、多すぎないか?

今まで、アウトドア的な事とは無縁な人生を送ってきたので、こういうスポーティな道具が身近にあるのに違和感がある。空気入れから、妙にスポーツ用品店的な臭いもする。この臭いがどうも好きになれない。

しかし、ルイガノは置いてあるだけで絵になる。これは満足度が高い。


クロスバイクは、以外と買った後も必要なものが多くて、ライト、チェーンロック、空気入れ。慣れてくると、水筒、ヘルメット、手袋、サングラス、車体につけるバッグ、携帯空気入れ、などなど・・・意外と、必要になってくるものが多いらしい。

初めは近いところから、だんだん遠出が出来るようになるといいなぁ。

0 件のコメント: