月曜日, 2月 27, 2012

Revolver360という個人制作のシューティングが凄い


シューティングゲームでも作ろうかと思い、いろいろとiPhoneのシューティングを漁ってみたが、さすがに企業の作る製品はクオリティが高いが、個人の作っているレベルであれば、たいしたものはなさそうで、これなら自分でも作れるな、なんて思っていた。

ところが、恐ろしいゲームを発見してしまった。まあ、iPhoneではなくて、XBOX360なのだけど、これが到底、個人で可能なレベルには思えないのだ。

それが、Revolver360というシューティングゲームだ。XBOX Liveでインディーゲームとして売られている。光り輝くオブジェクト群、激しく爽快感のあるゲームデザイン。プレイしてみると、非常に中毒性が高くて、ついついはまってしまう。なんでも賞を取ったとか。




実は以前、ニコニコ動画に「怒首領鷲」というパロディゲームの動画が上がっていて、これがよくできているなぁと感心していたのだけど、それを作ったのと同じ人の作品らしい。

このゲームは昨今流行の弾幕系とは違い、細かい弾の間を避けるという操作はあまりない。短時間でどんどん変化するステージ、一撃では死なない体力制、目玉の座標回転と、かなり新しいプレイ感のシューティングゲームだ。

一定時間チャージすると使えるレーザーで、敵の弾を吹き飛ばせるのだが、敵の弾を一カ所に集めてレーザーを使い得点化するのが非常に気持ちいい。

ビジュアルもセンスが高い。デジタルな世界観の中で、光るような眩しいエフェクトを使って、色鮮やかなグラフィックに挑戦しているゲームというのは、いくつも見てきたけど、その中で、最も高いレベルで実現できているんじゃないだろうか。

やはり少人数の制作なので、敵の種類が少なかったり、ステージ構成のバリエーションに物足りなさが残るんだけど(まあ値段も安いし)、これを会社で作るように人数をそろえて、敵モデルや、ステージをしっかりと作れば、一般に広く認められる名作が出来るんじゃないかと思うと、勿体なささえ感じる。少なくともアーケードでは人気が出るだろうな。

日曜日, 2月 19, 2012

時計


自由が丘を散歩してきたのだけど、普段目にすることのないようなオシャレなインテリア店がずらりと並んでいて、椅子などいいなと思って値札を見ると、当然のように10万円以上もするのであって、あまりに高いブルジョワ力に全く太刀打ちできなかった。



丁度時計が欲しかったところ、気に入るデザインの物があったので、コンパクトな置き時計を買ってみた。



実はリビングに時計がなかったので、いちいちMacやiPhoneを立ち上げて時計を見ていたのだ。これで便利に生活できそうだ。

土曜日, 2月 18, 2012

Macを使い始めて2年が経った



2年前に、ヤマダ電機で初めてのMacを買った。その前まで使っていたのは、もちろんWindows。初めて買った3.1マシンから、常に最新バージョンのWindowsを使い、正直言ってWin以外のOSなんて眼中になかった。


仕事でSolarisやLinuxを使うこともあったけど、Winの使いやすさとは比べるべくもなくて、やっぱりWinが一番だなと再確認してた。多くの人が使っている世界標準だし、ソフトウェアも多いし、他の選択肢なんて考えられなかった。

だから、2年前に、iPod touchでゲームが作りたくて、仕方なくMacbookを買うと決めたとき、はっきりいってMacなんてマイナーOSで何が出来るの?って思っていた。

まあ、ブラウザが立ち上がってWebが出来ればいいし、無駄にはならないだろう、うちには自慢の高速なPCがあるから、あまり使わないだろうけど、って。

それがまさか、うちにMacbookが届いてから一ヶ月後には、Windowsでやっている全ての作業をMacに移行しようと決心することになるなんて、夢にも思わなかった。


だってとにかく、驚きの連続だった。初めての起動時に豪華なムービーが流れたのも、ユーザアカウントのアイコン用に写真を撮影されたことも、初めて起動したアプリケーションに解説ムービーがついているなんてのも、全部想像を超えていた。

そして、感じたのは、とにかくユーザフレンドリーだということ。

デスクトップには、ブラウザ、メーラ以外に、カレンダー、アドレス帳、写真管理ソフト、ムービー作成ソフト、ミュージックプレーヤと並んでいて、どれもパソコンを買った人が使いたいと思えるもの。

起動してから、最初にやる作業が、「メーカーが勝手にインストールした余計なプリインストールアプリを削除すること」であるWindowsとは雲底の差だ。デスクトップにプロバイダとのサービスを契約させようとするアイコンが並んでいたり、一年で期限切れになって更新料を要求してくるウィルス対策ソフトなんてのはどこにもない。

そして、全てがオシャレで格好良い。音は動いてるのかもわからないほど、静か。蓋を閉じて置いているだけでインテリアになる外観。そして、Macのソフトウェアは、総じてUIが美しく、使っていて楽しい。そして触るだけで気持ちよいトラックパッドと、革命的としか言いようがないマルチタッチ操作。これを考えた人は天才だ。

また、自分の予想に反して、Windowsで出来て、Macで出来ないことはほとんどなかった。むしろ、今まではいろいろなソフトウェアを入れてようやく出来ていたことが、Macでは最初から普通に出来てしまう、ということがたくさんあった。

例えば写真管理。Windows標準の写真管理ソフトは使いにくいから(使ってる人はいるんだろうか)、Picasaを使っていたけど、MacのiPhotoはPicasaよりずっと使いやすく、写真管理はそれで事足りてしまった。

例えば辞書。英語のサイトを見るときには、ウェブで単語の意味を調べていたけど、面倒だった。ところがMacには英和、和英、国語辞書が搭載されていて、簡単に辞書を引けて、感動した。だって辞書を搭載なんて、ありそうなのに、見たことがなかった。

様々なファイルも普通に読むことが出来た。PDFを読むのに、AdobeReaderを入れなくても読める。DVDをコピーしたときに作られるISOファイルは、ダブルクリックすれば読み込んで再生できた。(WinだとDaemonToolsなどを使う)

Mac、凄すぎる。

そんなわけで、何度も新しい発見に感動しながら、今までやってきた大抵の作業はできるとわかり、10年以上も付き合ってきたWindowsから、移行することになった。今では、ゲームをプレイするとき以外、Windowsを使うことはほとんどない。だってMacの方が便利だし、何より、使っていて楽しい。

そして、先日発表があった、OS X Mountain Lionだ。ツイッターを眺めても、Macユーザの皆がこの発表に興奮してることがわかる。でも古くからのMacユーザは、新製品の発表があるたびに、こんなにもわくわくしてたんだなって思うと、ちょっと羨ましい。

土曜日, 2月 11, 2012

写真を楽しむ


Twitterなどをやっていると、ちらほらと一眼レフを使ってる人のつぶやきがあって、実に楽しそうなので、そんなにいいのかなぁと。
で、昨年、型落ちのやつがLABIのワゴンセールで売っていたので、買ってみた。レンズが2つ付属する、LUMIX G2というパナ製のやつ。で、買ってから
思ったんだけど、これは非常に格好いいガジェットだ。ボディの赤い色が鮮やかで、持ち歩きたくなる。
で、いろいろと写真を撮っているうちに、これは楽しいもんだなぁと気づいた。背景のボケを作ったり、ズームレンズで相手が気づかないほど遠距離から撮影したり、広角レンズで風景を広く切り取るとか、楽しい。あと、シャッターを切る感じが、何か獲物を狙ってトリガーを引くようで、いい。まあこれは、デジタル物が好きな人特有かもしれない。



で、撮った写真を、Apertureなどの写真管理ソフトで編集したり、Mac App Storeで人気のあるような、簡単写真加工ソフトに放り込むと、これが楽勝でいい感じになって面白い。写真って、”撮って記録するもの”って意識だったんだけど、それだけじゃなくて、パソコンに取り込んで、加工して遊べる、と二度楽しめるものだった。










今日はぶらりと新宿御苑を散歩してきた。まだ梅の季節にも早いらしくて、花はほとんど咲いてなかったけど、春の息吹のような物を見つけてシャッターを切ってきた。正直に言えば、何もないので、無理矢理何か見つけて写真を撮ったというか。でも、加工していい感じにする。




そんな感じでデジタル一眼+写真加工ソフトは最強だってことに気づいた近況。

iPhoneだと、適当に撮っても格好いい写真がばしばし撮れたりするソフトもあるんで、そういうので適当にぶらつきながら撮影するのも楽しい。