火曜日, 11月 30, 2010

龍馬伝、ついに終わった

龍馬伝、昨日が最終回だった。

四月頃にiPod touchを購入し、Twitterを始め、なんとなく孫さんをフォローしていたところ、龍馬伝の話題がよく出るので、気になって見始めたのが四月頃。

意外に面白くて、それからTorneの力も借りて、八ヶ月の間、欠かさずに見た。初めての大河ドラマだったけど、素晴らしい内容で、長期のドラマなのに、毎週盛り上がるシーンがあり、何度も感動する場面があった(特に武市半平太は良かった)。

毒まんじゅうとか、龍馬が天の逆鉾を抜いたとか、長次郎の切腹、作り話かと思いきや本当にあった出来事ばかりで、ほんとにこの時代は凄い。

ちなみに、ドラマはずっとTwitterを眺めながら見ていた。#ryomadenで検索すると、龍馬伝を見ている人たちのツイートが一覧で表示される。(ハッシュタグという)これが楽しさ倍増で、龍馬伝を見ている人たちの反応が、リアルタイムに見られるというわけで、これは一体感があっていい。山内容堂は史実では30代で若かったとか、近藤勇がネプチューンの原田泰造だってことはTwitterで知った。

最終回で残念だったのは、クライマックス、とうとう龍馬が暗殺されるその瞬間、愛知県知事の当選確実テロップが表示されて、どうでもいいうえ、最悪だった。NHKは何を考えてるのか。でも龍馬伝やってるのもNHKか…

まあそれでも、最後にはなんだか感動できたので、素晴らしいドラマだったなあと。観終えた後は、やっぱり龍馬はすごいな、とか、大政奉還ってこういうことだったんだな、とか。しかも33歳で死んだらしいので…自分と同じ歳じゃないかと。生きていたら、三菱に負けないくらい大きいカンパニーを作っていたのかもな。

ヘルプの親切心に驚いた

MacでPixelmatorを使ってて、アルファ機能はどこにあるんだろう、と思ってヘルプ検索していたら、「ここだよ」って感じで勝手にメニューが開いて、教えてくれた。


もうだいぶ慣れたつもりなんだけど、未だに、いろいろと発見があって驚かされる。
よく出来てるなあ。

水曜日, 11月 24, 2010

今年の買い物Mac関連

はぁちゃんがMac買ったそうなので、自分も今年Macbook入手してから半年、Mac関連でいろいろ買い物をしたものをまとめておこうかなと。

ちなみに、どれも満足してる。自分なりの満足度を★にしてつけてみる。5つが最高。こんなに買ったのは、海外製ソフトが安く買えるから。円高最高。


まず、VMWare Fusion。★★★★★
これがあれば、Macを使いながら仮想環境でWindowsも動作させられる。自分はXPを入れてるけど、起動も早いし、動作も軽くてさくさく動く。Win7も試しに入れたが、これは遅くて辛いので、XPがオススメ。あと、メモリ増設して4GBは必須。2GBのときはハンパなく重かったので。軽めのゲームもやるし、Winでしか使えないソフトはこいつで使う。でもDAWはさすがに重すぎてノイズがのるし無理だった。。。

うちにはデスクトップのWin機があるので必要ないといえばないんだけど、Macbookはノーパソなので、膝の上でいろいろできるのが便利。

Ableton Live。★★★★★
Win/Mac両対応のDAW。小さい画面でも作業しやすいように構築された、洗練されたUIが13インチのディスプレイでも使いやすい。たまに大きいディスプレイに繋ぐんだけど、やっぱ大きい画面は必要ないなって感じる。出てきたアイデアを適当にバラバラに置いておいて、あとで繋いだり簡単にできるのが最高。ミニマルテクノとかそういうのに向いてる気がする。気負わずに作れるのがいい。あと、ノーパソでのDTMは、座椅子にもたれながら作業できたりと、姿勢が楽なのがよいね。

Native Instruments Komplete 7 ★★★★
Winのときに買ったソフトシンセが大部分使えなくなったので、MacDTMを快適にすべく購入。たくさんのソフト音源が入った最強の価格破壊パッケージ。こんな値段でいいのかな。FM8はどんな時でもとりあえず合う音が出るので最高に便利。ドラム音源Batteryもいい。あまり生音使わないので、一番容量が大きいKontactは個人的に使えない…


まだそんなにヘビーに使えてないんやけど、感想として、MacでのDTMは

・動作音が静かで嬉しい
・指をすっと動かすだけで横スクロールできるので、横スクロールを多用しがちなDAWとの相性がばっちり。

残念な点として、
・synth1や、個人的にはz3ta+が使えない。SONARもFL Studioも使えない。

なんてのがある。


他に、ゲーム制作関連としていくつか買ったものは以下。この手のソフトとしては、安いものばかり。

ArtRage Studio ★★★
紙に書いているようなかき心地が素晴らしいお絵かきソフト。日本語版もある。アナログな感じがすきで、アイデアをまとめるのに使ったりする。でも最近は普通に文房具店で買ったスケッチブックにクレヨンや色付きペンでアイデアをまとめたりしているけど、データならPCに保存できるから一長一短。

Pixelmator ★★★★
ゲームの素材を作りたいけど、フォトショップは高いし。ということで購入。高機能なのに安い。GPU使ってるらしく、UIがぐねぐねアニメーションしてカッコイイ。MacのGimpってバグってるし微妙なので、自分はこれを買って満足してる。起動に時間のかかるPhotoshop Elementsと違い、さくっと起動するところも好き。

iPad ★★
で、Macと関係はないんやけど、ぶっちゃけ今年一番満足してない買い物は、iPadかもしれない…といいつつ、Webを見るのに使ったりはしてるんやけど、欠点が多くて、

重い
Webページの読み込みがPCに比べると遅い
日本ではほとんど電子書籍が出てない

この3つが自分には痛い。凄く良い点と、凄く悪い点があって、悪いほうが目立つ感じ。といっても、いつか、改善されたバージョンが出たらまた買うつもり。

iPod touch ★★★★★★★★★★
逆に一番満足度が高い、というか、買う前に思ってたより10倍はよかった、というのがiPod touch。これはどうしてもっと早く買わなかったのか、って思ったね。それでiPad買ったんだけど。なかなかうまくいかないな。