月曜日, 3月 15, 2010

Macオーナーになりました

つい最近まで、まったくMacなんぞには興味がなかった自分なのやけど、仕事でiPhoneのゲームを作ったことがきっかけで、自分でも趣味でiPhoneゲームを作りたくなり、そのためにはどうしてもMacが必要だということで、ついにMac購入とあいなった。

Macを買ってみて思ったことは、すべてが首尾一貫して「おしゃれ」だということ。そしてユーザ視点であること。

箱の時点で、既に違う。箱は外見も中身も美しい。取り出すだけでわくわくさせてくれる。

OSを立ち上げて、アプリを起動すると、アプリごとの解説ムービーが再生され、操作を覚えるのも簡単。Macのサイトにいけば、基本的な操作方法から、Windowsユーザが初めてMacを使う場合に戸惑うポイントまで、すべてムービーで解説してくれる。行き届いている。すばらしい。

複数の指を使ったタッチパッドの操作性も、覚えてみれば超快適。まあ実際、仕事でも使っていたので、操作はなんとなく知っていたので、戸惑うことも少ない。しかし、実際自分で持ってみるのと、仕事でしか使わないのとでは、全く違うなと思った。これはかなりいい。

画面は小さいけど、操作が快適なせいか、ネットするにもほとんど不満はない。プログラムを書くときは、外部のディスプレイに繋げばいいし。メインはWindowsとして、2台目の端末としては満足。これでDTMもやりたいけど、実際FL Studioは動かないし、Logicを買うつもりもないし、BootcampでWindowsを入れるしかないかなあ。

2 件のコメント:

toyopiko さんのコメント...

http://www.act2.com/products/fusion3.html
VMware Fusion 3

がおすすめですぞ。

Bandle さんのコメント...

おお、そんな手もあるんですね。調べてみたところ、メモリ4GBは必要だそうで、うちのMacは2GBなので増設した方が良さそうです。とりあえずBootcampで使いますが、そのうちVMとメモリを一緒に買ってもいいかも。