土曜日, 1月 16, 2010

AVATARに感動!

映画アバターを観に行った。そして感動した。

映画館はワーナー・マイカルで、事前情報で3Dと字幕は相性が悪いと聞いていたので、吹き替えを選択。めがねは軽くてつけやすいもので、RealD方式らしい。席は真ん中の少し前の方に座った。

そして、3D映像の威力は期待以上だった。2Dとはまったく情報量が違っている。
ただし、こっちに飛び出してくるというより、むしろ奥行きが深まった感じ。自分がその場にいてカメラを回している感じに近い。

まず最初に感じたのは、主役の腕が太いなぁ!外人はゴツイなぁ!ということ。遠近感があるので、登場人物の大きさがつかみやすいらしい。なんだか顔の特徴も把握しやすい。複数の人が移っていても、一人一人が何をしているか判別しやすい。部屋の広さも感覚的に掴める。とにかく、映像の衝撃で、見始めは目にばかり意識が集中してしまって、話が頭に入ってこなかった。

話の骨格はわかりやすく、引きつけられる。話の中で、パンドラという星の世界を体験することになるのやけど、この映像がまた凄い。飛竜に乗って飛ぶシーンや、空に浮かぶ山など、そんなのゲームで散々見たし、ありきたり・・・なんてまったく思えなかった。むしろ、「こんな凄い映像観たことない!」と何度思ったことか。竜に追いかけられるシーンで、定番のアクションやんと思いながら、手に汗握ってしまった。
いつも見慣れたようなアクションシーンでも、昔映画に素直に感動していた頃のように、大興奮してしまったのは、キャメロン監督と3D映像の相乗効果か。

とにかく没入感が凄く、理屈よりも本能で感じられたというか、うおーうおーっと思っている間に、3時間終了。3D映像というのは少し目にかかる負担が大きいのか、見終わった後はちょっと目が疲れてしまったけど、これがエンターテイメントってものなのかぁと感動して、認識を新たにさせられた。


去年見た、エヴァンゲリオンも良かったけど、またいい映画を観てしまった。

そして、これは確実に3Dテレビが欲しくなるなぁ。3Dテレビで映画を観たり、ゲームできたりしたら、もう2Dには戻れないと思う。早く3Dゲームの時代が来て欲しい。


ところで、3D映画というのは映画館によって方式が違い、あまり立体感がなかったり、重いメガネもあったりして、Webのレビューを観ていても、結構満足度に影響しているようなので、観に行く場合は上映方式を調べてから行った方がいい。
4つある上映方式を一日で見て比較したレポートを書いてくれた素晴らしい人がいるので参考にどうぞ。

しかしこの感動は今のところ映画館でしか味わえないので、上映中にもう一度観に行きたいなあと考え中。

0 件のコメント: