日曜日, 1月 24, 2010

信長の野望・革新をプレイ

なぜか突然信長の野望がやりたくなって、ネットでいろいろ調べた結果、
信長の野望・革新がもっとも評判が良さそうだったので、購入した。

この信長の、最も進化している点は、従来の完全コマンド式から、半リアルタイム性になっていることと、内政画面と戦争画面の切り替えがなくなり、全ての国、城が一枚のマップの上に存在していること。
これは、昔の信長とは大分違っているけど、自分にはかなり理想に近い。特に、一枚マップは素晴らしい。

例えば、全ての城が一枚マップ上に存在していることで、地形的な要素が非常に重要になっている。昔の信長なら、敵国の隣に優秀な武将と兵を集中させて、一気に攻め落とすというくらいの戦略しかなかった。しかし、今回は、あえて自軍の城の兵士を少なくしておき、敵が自軍の城に攻めてきたタイミングを見計らって、兵力の薄くなった敵城を背後から突くといったような戦術をとれるようになった。

半リアルタイム性の方は、AOEに近いイメージやけど、コマンド入力時は時間が止まってくれるので、プレイ感覚は全く違う。じっくり考えて行動に移すという、従来の信長に近い。そして、兵士がわらわらと進軍していくのは見ていて楽いし、展開がスピーディで良い。

敵AIは今までになく賢い。周りに手薄な城があれば、どんどん攻めていくし、兵士の配置も上手い。攻められそうな箇所には兵士を集めてあるし、攻める場合には相手の戦力を見た上で、勝てそうな兵力を用意して攻めてくる。こちらが戦争していると、おこぼれを狙って第三国がやってくることなどしょっちゅうだ。いい意味で、非常にいやらしく賢くなっている。

自分の光栄の歴史ゲームの印象っていうのは、序盤は楽しいけど、後半はだんだん面倒くなってくるというイメージがあった。例えば、プレイヤーが国力を増していくと、敵が相対的に弱くなり、徐々に緊張感もなくなって作業化していく面があった。だから、面白いのは初めのうちだけ、ということが多かった。でも、今回は敵国も他国を侵略し、巨大になっていくので、そうはならない。むしろ、徐々に戦闘は激しさを増し、難易度は上がっていく。

自分の場合は信長でスタートし、西へと兵を進めていったが、近畿を統一した後は、中国地方で勢力を伸ばしていた尼子が立ちはだかり、中国地方統一後は、九州を統一していた島津の大軍勢に苦戦した。
そこまでくれば、今までの信長ならクリアしたも同然の状態なのやけど、今回は西日本を統一した時点で、上杉謙信が関東以北をほぼ統一しており、数十万という今まで見たことのない大軍勢で押し寄せてきて、東西天下分け目の大決戦を演じることになった。

まあそれも一筋縄ではいかなくて、何度もリセットしながらようやくクリアしたという感じだった。一週間くらいプレイしてようやく全国統一したけど、後半、上杉謙信のあまりの強さに、かなりへとへとになった。もっと上手くやればそんなに苦労しないのかもしれないけど、どうやって敵城を落とすか、とにかく頭を使った。こんなに考えないといけない信長、つまりCPUの強い信長は、今までになかったと思う。

と、いろいろ良い点を書いたけど、もちろん、不満点もあって、後半、城や武将が増えると、管理するモノや情報が多くなり、煩雑になって確認に手間がかかるようになる。例えば武将の情報ひとつとっても量が多いし、その武将がどの拠点にいて今何をやっているとか、複合して知る必要があったりして、しかし情報がタブに分かれていて、ぱっと見られなかったりするし、一覧表示できる場合でも、最初から一覧表示してくれ、と何度も思ったりしたので、そういうのがストレス。
あと、このゲームの伝統でもあるけど、プレイ時間が長すぎる。全国統一するまでに一週間くらいかかるので、もう一度別のシナリオをプレイするのに、ちょっと躊躇してしまう。これもインタフェースがもっと良くて、適度な自動化があれば、半分くらいの時間になると思う。
自動化といえば、全て自動化の委任コマンドしかないので、半自動化みたいなのがあれば良いのにと思う。(例えば、勝てると解っている弱い相手に進軍させるときに、いちいち、武将とか戦術とか・・・いろいろ選ぶのは面倒なので、城と出陣させる兵力を選ぶと、武将や細かい兵種や、戦術などは勝手に選択してくれるとか)

まあそういうことを含めても、ゲームとしての完成度は非常に高くて、みんなの評価が高いのも頷ける。この方向で進化していけば嬉しいんやけど、最新作の「天道」はあまり評価が高くないらしいので残念。個人的には日本の戦国時代より三國志の方が好きなので、このシステムで三國志を作って欲しい。

土曜日, 1月 16, 2010

AVATARに感動!

映画アバターを観に行った。そして感動した。

映画館はワーナー・マイカルで、事前情報で3Dと字幕は相性が悪いと聞いていたので、吹き替えを選択。めがねは軽くてつけやすいもので、RealD方式らしい。席は真ん中の少し前の方に座った。

そして、3D映像の威力は期待以上だった。2Dとはまったく情報量が違っている。
ただし、こっちに飛び出してくるというより、むしろ奥行きが深まった感じ。自分がその場にいてカメラを回している感じに近い。

まず最初に感じたのは、主役の腕が太いなぁ!外人はゴツイなぁ!ということ。遠近感があるので、登場人物の大きさがつかみやすいらしい。なんだか顔の特徴も把握しやすい。複数の人が移っていても、一人一人が何をしているか判別しやすい。部屋の広さも感覚的に掴める。とにかく、映像の衝撃で、見始めは目にばかり意識が集中してしまって、話が頭に入ってこなかった。

話の骨格はわかりやすく、引きつけられる。話の中で、パンドラという星の世界を体験することになるのやけど、この映像がまた凄い。飛竜に乗って飛ぶシーンや、空に浮かぶ山など、そんなのゲームで散々見たし、ありきたり・・・なんてまったく思えなかった。むしろ、「こんな凄い映像観たことない!」と何度思ったことか。竜に追いかけられるシーンで、定番のアクションやんと思いながら、手に汗握ってしまった。
いつも見慣れたようなアクションシーンでも、昔映画に素直に感動していた頃のように、大興奮してしまったのは、キャメロン監督と3D映像の相乗効果か。

とにかく没入感が凄く、理屈よりも本能で感じられたというか、うおーうおーっと思っている間に、3時間終了。3D映像というのは少し目にかかる負担が大きいのか、見終わった後はちょっと目が疲れてしまったけど、これがエンターテイメントってものなのかぁと感動して、認識を新たにさせられた。


去年見た、エヴァンゲリオンも良かったけど、またいい映画を観てしまった。

そして、これは確実に3Dテレビが欲しくなるなぁ。3Dテレビで映画を観たり、ゲームできたりしたら、もう2Dには戻れないと思う。早く3Dゲームの時代が来て欲しい。


ところで、3D映画というのは映画館によって方式が違い、あまり立体感がなかったり、重いメガネもあったりして、Webのレビューを観ていても、結構満足度に影響しているようなので、観に行く場合は上映方式を調べてから行った方がいい。
4つある上映方式を一日で見て比較したレポートを書いてくれた素晴らしい人がいるので参考にどうぞ。

しかしこの感動は今のところ映画館でしか味わえないので、上映中にもう一度観に行きたいなあと考え中。

月曜日, 1月 11, 2010

FF13の戦闘は本当に奥が深い

FF13を60時間くらいかけてクリアした後、さらにグラン=パルスを歩き回ってミッションを全部クリアし、このゲーム最強の雑魚敵ロングイと戦ってる。

僕がRPGクリア後の要素をプレイし続けることはまずないんやけど、今回は戦闘が楽しいのと、グラン=パルスのフィールドがいい感じなので遊んでいる。

そして感じたのは、このゲームのオプティマシステムが最高に生きて楽しいのは、ロングイ(シャオロングイ)戦だなあということ。

こいつらは、クエイクやアルテマという非常に強力な攻撃を持っていて、これをまともにくらうとパーティーはかなりの確率で即全滅、生き残ったメンバーは瀕死になる。しかしこのとき、ディフェンダー×3というオプティマにしていれば、お互いの防御を高め合う効果により、ダメージを激減させることができる。(オプティマは周りのメンバーにも影響を与えるのだが、同じオプティマを3人が使うことによる相乗効果は非常に強力)

そこで、クエイクやアルテマのタイミングに合わせて、ディフェンダー×3へ瞬時に切り替え、耐え終わったらヒーラー×3で全員を瞬時に回復、すぐさまジャマー+ブラスター等で攻撃に戻り、ヘイストやブレイブが切れたらエンハンサーで強化しつつ、チャージを貯めていくという、非常に忙しい戦闘になる。

そうして苦労してブレイクさせた後はチャージ999%とし、事前にウィーク、エンファイ、ブレイブも使っておけば、アタッカー×3で一撃20~30万以上のダメージを連続で与え続けることができる。これはブレイクさせるまでの苦労もあって、超爽快。武器を鍛えればもっと上のダメージも狙えそう。

(もっと効率のいい戦い方はWiki等にまとまっているけど、ここにはあえて自分流のやり方を書いた)

この、ブレイクするまで耐える→ブレイク後の開放感というのが、ロングイ戦では特に強く感じられるし、楽しい。油断してると即全滅というスリルもいい。これこそが、FF13の目指した戦闘の集約なんだろうな、と思えるほど。


実はクリア後、ミッションクリアしながらオプティマの使い方をいろいろと学んだ。ブレイク後はブラスター×3で一気にチャージを高め、その後アタッカー×3で攻撃力MAXへ持って行くなど、オプティマのより強力な使い方を知ることで、どんどん楽しくなる。

いや、これは本当に奥の深い戦闘システムだ。