月曜日, 12月 28, 2009

ようやくFF13をクリア

話もなかなか良かったし、総じて満足。

特に人物のグラフィックは綺麗で、人物の目や口元の動き、肌の質感など、本当に自然で何度見ても凄いと思わせられた。逆に、背景はFFならもっと綺麗にして欲しかったとも思う。といっても、最高峰でないというだけで、そこらのゲームから見れば十分高レベルなんやけど。プリレンダムービーも素晴らしく綺麗。といっても、さすがはPS3、もうプリレンダかリアルタイムか、時々見分けがつかないときもあった。

今回、敵が本当に強い。序盤から油断していて何度も死んだし、これ本当に勝てるのか?と思わせられるようなボスも何匹かいる。しかし、使うキャラやオプティマの組み合わせをしっかり考えればきちんと倒せるところなど、本当に素晴らしい調整。

今回はやはり、新しい戦闘システムが楽しいことと、話が思った以上に楽しめたので、退屈せずに最後まで進められた。逆に、街はないし、フィールドを自由に歩き回ったりというのは後半までお預けなので、ときどき不自由さも感じた。これはFF10のときも感じたことなんやけど。

序盤はずっと一本道。しかし、それだけに11章に到達して、目の前に広がる広大なフィールドを見たときは、凄くテンションが上がった。すげー、どうして最初からこうじゃなかったんだ・・・?とも思ってしまったけど。

といっても、次々と展開するシナリオ、変化に富んだ景色、歯ごたえのあるボス、さすがFFだなと感じた。なんといってもドラスティックに変えられた戦闘システム、LVの概念、オプティマなど、チャレンジ精神も凄いが、よくまとめきったなと。クリスタリウムは微妙やったけど。

そして、召喚獣がかなり使える。そして登場シーン、退場シーンが凄く格好良い。アレクサンダーの変形が格好良い。そしてオーディンが帰って行くとき、ライトニングが武器を手渡しながらの「世話になった」が最高に格好良い。あ、これは、ライトニングが格好良いのか。


気に入ったので、クリア後はおまけ要素を楽しもうかと思っていたけど、FF12のような膨大なものはないみたい。フィールドも、今知ってる場所以上には、そんなに広がらないみたいやし。まあ、基本的におまけはやらない派なので、やらなくていいかなという気もしてきた。でも、山より遙かに巨大なあいつが気になるんよなあ。

月曜日, 12月 21, 2009

ネット上でのゲーム評価には注意

ネット上のゲームへの評価を見ると、AmazonやユーザレビューサイトでのDQ9の評価が異常に低かったり、FF13もAmazon評価は星1に参考になる、がたくさんついていたり、するけど、FF13は自分がプレイしたところ、少なくとも次世代機のRPGの中では圧倒的に面白いし、DQ9も、周りの買った人たちはおまけ要素まで楽しんでプレイしていたようなので、自分の肌感覚と合わないと感じることが多い。

いくつか原因はあると思うけど、例えば、子供達の間でありがちな宗教論争的なものがある。実際、自分たちも子供の頃は、DQ派とFF派にわかれて論争を繰り広げていたので、気持ちはわからなくもないが、最近はその論争をネットに持ち込んでくるようになって、自分の持っていないハードのゲームを貶めるような書き込みをしたり、やたらとパワフルに活動している。

あと、過度な期待とか。ユーザレビューサイトでのドラクエ9の評価は他の無名のゲームと比べてもかなり低いけど、感想を読むと100時間くらい遊んで面白かったと書いてあるのに、ドラクエとしてはいまいち、とかいって評価は低くつける人が多かったりする。モンハン3も、100時間以上遊んでおいてボリューム不足とか書く人が大勢いる。それだけ遊べれば十分だろ、と思う。


Call of Duty Modern Warfare 2も、Amazonのレビューを見ていると、日本語吹き替えに対する批判が多く書かれている。ところが、自分の周りで買った人達の意見を聞くと、日本語でも全く気にならないという人達ばかり。まあ、自分も動画サイトでちょっと見た感じ、地球防衛軍のノリを思い出してしまったので気持ちはわからなくもないけど、洋画の吹き替えと同じで、少しプレイしてればすぐ慣れるレベルだと思う。これは事前にネット上で誤訳があるとか騒がれた弊害もあるかなと。


で、結局、批判する人の声が大きいだけなんじゃないかなあと。そして、面白いとか、傑作だという声はそれにかき消されがちなのかな、という気がする。もうひとつ、多くの人に(特に子供の場合)まわりの意見を鵜呑みにして、それを自分の意見だと思ってしまう傾向があるんじゃないかなあと。

昔、一時期ヒットした「買ってはいけない」、という本があって、シャンプーは体に悪いと書いてあって、確かに悪い気がする、メーカーは金のために消費者の健康を犠牲にしているんだ!なんて思ってしまうような。

だいたい人間、批判される側と批判する側がいた場合、批判する側が正しい気がするものだし。


というわけで、特に大作ゲームの場合、全くネットの評価は当てにならないと思った。

日曜日, 12月 20, 2009

Harmless購入

クリスマスセールで?安かったので、FLのシンセHarmlessを買ってしまった。

Harmless

なんとたったの$9!実際には、カンパウェアのような感じで購入者の気持ちの値段で買って欲しいということらしいけど、実際のところそれほど欲しいというわけでもなかったので、安いならいいかと最低価格で買った。

FLには、他にもSawerやBiohazard(ゲームではない)などの使えるプラグインシンセがあって、それらは$99くらいすることを考えると、ちょっとありえない価格設定。みんなはいくらくらい出すのやろうか。

トマト鍋

美味しそう。
【ニコニコ動画】トマト鍋が煮えていく様

土曜日, 12月 19, 2009

FF13

FF13を購入してプレイ中。まだ8時間くらいしかプレイしてないけど、かなり面白い。
キャラクターが動きまくる戦闘がなかなか楽しい。
難易度も厳しめで、もう10回くらいは全滅した。
といっても敵が強いからというよりは、油断してるとすぐに死ぬという感じ。

しかし世界観は、FF12の硬派で、実在感をたっぷり感じられたイヴァリースという世界から一変して、中途半端に未来風で、統一感もリアリティもない世界に戻ってしまった。キャラクターも、最近のTVドラマでありそうな大げさな演技が多いというか、ステレオタイプさを感じる。

というわけで、FF10に戻ってしまった世界観はあまり好みじゃない(というかFF12のが好き)やけど、話自体は悪くないし、戦闘システムが楽しいので、かなり面白い。今回の戦闘は昔出た体験版とはまた変わっているらしく、かなり練り込んだのやろう。

前回のガンビットシステムは、オートバトルの一つの到達点だと思えるほどよくできていたけど、シリーズごとに、よく毎回新しいシステムを考えて、しかも面白いというのが凄いなあと感心する。ゲームでは未だに一本道から抜け出せないので、自由に行き先を決められる状態になりたいところ。といってもFF12は別として、最近のFFって街以外は全て一本道だったかもなあ。

水曜日, 12月 09, 2009

好きな曲

まったくマトモじゃないけど、この人のセンスはすごいなと思う。


歌詞が面白い。この曲に限らないけど、いつも音程が不安定。

【ニコニコ動画】【初音ミク】Mikwave III -FLOW-【オリジナル曲】

変拍子がすごい。

【ニコニコ動画】【初音ミク】独言哲学【オリジナル曲】

他にもまったく何拍子だか不明な曲があったりして、とんでもないコースに投げるなぁと思う。

アサシンクリード2をクリア


アサシンクリードの1作目は、アッカやエルサレムといった昔の中東の町並みが高次元で再現されていて、ぶらぶらと建物を見ながら散策したり、尖塔の頂上に上って眼下の景色を眺めるだけでも十分楽しめた。
そしてアサシンクリード2の舞台は15世紀、ルネサンスのイタリア、メインはフィレンツェとヴェネツィア。どちらも以前旅行で行ったことのある街やけど、やはり再現度は半端なかった。

フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーネ大聖堂や、ヴェネツィアのサンマルコ広場なんて、自分の記憶そのまま。街の雰囲気の再現性も素晴らしくて、相変わらず、歩いているだけで楽しい。ヴェネツィアの運河は美しくて、その上をゴンドラで移動するのも趣があっていい。

街はいくつもの地区に分かれていて、それぞれの地区に観光ガイドに載っているような建物があるし、解説までゲーム中でしてくれる。一つの街がこれだけ広いゲームというのも、他にはない気がする。

ちょっとだけ残念なのが、前作よりフレームレートが落ちやすく、ティアリングも結構気になるレベルになったところ。遠景の陰もぎざぎざなのが目立つようになった。前作より全体的に細かく描かれている気もするので、そのせいかもしれない。

前作よりも自由度も増して、あちこちと寄り道しながら、30時間くらいかけてクリアした。欲を言えば、もっと街の種類が多いと良かったかな。ただ、ひとつひとつの街並みの作り込みが半端じゃないので、仕方ないのかも。

金曜日, 12月 04, 2009

買いたいものが多すぎる

Newスーパーマリオを買ってきた。

それにしても今月は買いたいゲームが多すぎる。

アサシンクリード2,コールオブデューティモダン・ウォーフェア2、FF13・・・

お金もプレイ時間も足りない。
虫姫さまもまだ4面までしかいけないし。

クリスマスセール期間中に、シンセも買いたいし。

木曜日, 12月 03, 2009

水曜日, 12月 02, 2009

FL Studioがマイナーバージョンアップ

FL Studio 9.03が出ていた。どう違うのかは確認してないけど。

ところで、FL Studioの開発者っていうのは凄く顔が見えている人たちで面白い。
彼らは掲示板にも良く顔を出しているらしい。

FL Studioファンクラブ

FLStudioってのは、本当にアクの強い製品なので、個性の強い人たちが集まると個性の強いプロダクトができるんだなぁと思ってしまう。