木曜日, 7月 16, 2009

センスがあるか

頭がいい、要領がいい、話がうまい、会社員の重要なスキルはいろいろあると思う。

そして、ゲーム制作に携わっていると、他には代え難く重要なのが、「センス」があるかどうかだと、強く感じざるを得ない。それはプログラマにも、デザイナにも当然必要になってくるけど、特に、作品のクオリティに直結するのが、仕様を考える人間のセンス。

これがどうしようもなく発想の貧困な人だと、いくらほかのメンバーが頑張っても、作品は良くならない。どうしようもない仕様書を出されるにつけ、肩の力が抜けるのを押さえられない。

仕事の内容によっては、要領が悪くても、時間をかけて頑張ればそれなりの成果が出せるかもしれない。しかし、ゲーム制作には、時間の足し算では絶対に到達できない成果というのが、はっきりとわかる位置にあると思う。

0 件のコメント: