水曜日, 7月 08, 2009

逆転検事をクリア

逆転検事をクリアーした。

今回は立ち絵が横を向いていたり、法廷パートがなかったりして新鮮。キャラもよく動くし、相変わらずシナリオが良くできていて、楽しめた。特に、今まで弁護士側だったのに検事側を操作するってのは楽しい。

ただ、やっぱり法廷じゃなく、路上で有罪・無罪を決めるのはなんとなく違和感が。

探索パートでは自分で歩けるようになったのが、結構楽しくて、これはいいアイデアだなと感じた。逆に、探索でほとんどの証拠がそろってしまうので、だいたい事件の概要が自分で推理できてしまって、対決パートでの、先の読めない展開が減ってしまってたのが残念。

ミツルギ検事が主役だけあって、イトノコ刑事や狩魔冥を味方としてプレイできるのは、それだけで嬉しい。
そして新キャラのみくもちゃんは、元気でつっこみどころのある、かなりいいキャラで、登場してからギャグがかなり面白くなった。怪しいことわざを連発するロウ検事も、かなり好きなキャラ。今作は登場キャラ的に豊作な気がするな。

難易度は、どうも今までに比べてヒントが多めだったり、つきつけを失敗したときのダメージ量が少なめになっているみたい。結局ゲームオーバーは経験せずにクリアできたけど、少し緊張感に欠けた気もするけど、かといってやり直しも面倒なので微妙なところ。


探索パートが面白くなって、逆に対決パートの面白さは減った印象の逆転検事。検事側なので捜査を中心にということかもしれないけど、「嘘やろ!?」と叫びたくなるどんでん返しが、何度も繰り返される法廷パートをどうしても期待してしまうので、それがあまりなかった点は、少し残念。

十分楽しんだので次回作も買うと思うけど、次はもっと逆転のある話を期待したい。

0 件のコメント: