火曜日, 3月 24, 2009

Predatorデモ版を触ってみた

Rob Papen PredatorというシンセがDTMMで紹介されていたので、デモ版を最近いじっていた。z3ta+を何年も触っていてもさっぱり音の作り方が進歩しなかったぼくやけど、Predatorのおかげで、なんだか音の作り方がわかってきた気がする。

Predatorは、KVRのフォーラムによると“ベースを作るのにいいよ!”というシンセで、個人的には、クールなインタフェースが気に入っている。音質は、すごい!ってこともなく、普通という感じ。

こいつのいいのは、とにかくインタフェースが明快なこと。頻繁に使うであろうCutoffには専用のLFOとEGがついていて、Pitchにも専用のLFOとEGがついている。これがz3ta+だと、LFOもEGもモジュレーションマトリクスで何にでも使えるよ!という位置づけやけど、逆に、一般的にはPitchやCutoffに使うことが多いことを知らない初心者には、使い方がわからない。(それにいちいち割り当てるのがめんどい)

PentagonIには専用のEGとLFOがあるけど、ノブの配置が格子状になっていて無味乾燥で、未だに慣れない。


一方、Predatorは希に見るノブ配置の妙、インタフェースのわかりやすさがあって、デモを触って気に入ってプリセットのパッチを参考にいろいろ試しているうちに、Moogっぽいベースの作り方とか、いろいろわかってきた。遊べるので、これは欲しいなと思ってオンラインで購入を試したけど、なぜかカードでの決済ができないらしく、エラーメールが来るばかり。PayPalとか使えばいけるんやろうか。うーん。

0 件のコメント: