土曜日, 3月 21, 2009

IE8正式版を試す

Windows7からはインストールできないので、Vistaにインストールして試してみた。まず、起動、読み込みともに動作が軽くなった。IE7や、IE8ベータ版とは比較にならない速度。開発陣、頑張ったなという印象で、十分実用になる。とはいっても、Google Chromeに比べるとまだまだ遅い。これはChromeが早すぎるのかも。

あと、Javascriptを多用したページを表示しているとエラーが発生したり、今BloggerをIE8で書いているけど、ページレイアウトが崩れていたりJavascriptがどうやら正常に動作していなかったりと、まだ完璧ではないらしい。

インタフェースは、ベータ版とは変更なしで、やはり使いづらさを感じる。IE7に比べると大分良くなったけど、ホームや更新ボタンが小さいしレイアウトが悪い。お気に入りの開くスピードは速くなっていてこの改善は大きく、ようやく普通に使える。しかし新規の空のタブを開くスピードが遅くつっかかりを感じる。空ページなのになぜ?これは大きく不満。アドオンで使えそうな機能は翻訳くらい?今後に期待かな。

あと、これはLogicoolが悪いんやろうけど、IEだとさなぜかRevolutionのホイールが常にクリック感のない状態になり、スクロールがぬめぬめして気持ち悪い。ぼくがIEを使わない最大の理由がこれで、Logicoolにはなんとか対応して欲しいところや。

といっても、全体的にはIE8βで感じていた遅い&バギーな絶望感からはかなり改善され、スピードも見違えるほど良くなったので、予想以上の出来と感じた。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

>スクロールぬめぬめ

インターネットオプション>詳細設定>スムーズスクロールを使用する

のチェックが入っていませんか?

Bandle さんのコメント...

ぬめぬめしてるのは、IEの右のバーのスクロールではなくて、マウスのホイールの回転なのです。LogicoolのマウスRevolutionは、通常はクリック間のあるホイール回転、高速でページ移動させるときにはクリック感のないスムース回転になるのですが、IE使用中は常にスムース回転状態になるんです。マウス保持者でないとわからない表現ですいません。

ちなみにオプションチェックを外してもマウスの動作は変わりませんでした。