日曜日, 3月 29, 2009

FL Studio 8.5betaを試してみた

生涯アップデート件を購入して、FL Studio 8.5betaを試してみた。

まだちょっと触っただけやけど、細かいところでデザインや使い勝手が改善されていて、なかなか良い感じ。
あちこちに再生ボタンが追加されたり、ピアノロールにアルペジエータがついたり。

作曲に無関係なとこだと、FL-chanプラグインを曲中に入れていると、FL-chanがaboutに登場したり、ドラッグアンドドロップアイテムを運んでくれたりと、こだわりがすごい。

あと、面白いのはAutogunというシンセで、触れるパラメータはボリューム以外には、「次へ」「戻る」くらいしかなく、生成された音が気に入ったら使ってね、という、究極の簡単シンセ。音にはプリセット番号というものがついていて、Autogunユーザ間で気に入った音を教えあうこともできて、遊び心があって面白い。

このふっかつのじゅもん的な番号機能は、普通のシンセにも搭載すれば面白いと思う。自分が作った音をテキストファイルにべたべた貼り付けて保存できるし、人にあげるときは掲示板に書き込めばいいし。

FL Studioを使い慣れてくるにつれて思うのは、SONARとは全く思想の根幹が違うなと。SONARはスタジオで使えるように、と真面目に(?)作られていると思うんやけど、FL Studioは、作曲をあくまで遊びと捉えて、楽しく作曲できるツールとして作っている気がする(もちろん性能が悪いとか仕事に使えないとかいう意味ではない)。FL-chanだけじゃなく、ピアノロールにはランダマイザや、自動リフ作成ツールがついていたり、自動音声生成ツールがあったりもするし。

あと、インタフェースが抜群に良いので、打ち込みは圧倒的にやりやすい。Apple製品にあるような、人真似ではできない独特のセンスを感じる。メインプログラマーのgolさんは、クレジットを見ると、デザインも自分でやってるらしい。すごすぎる。

0 件のコメント: