月曜日, 2月 02, 2009

バイオニックコマンドー マスターD復活計画

バイオニックコマンドー マスターD復活計画をプレイしたので感想を。
このゲームは昔ファミコンで出ていたヒットラーの復活というゲームをPS3とXBOX360に移植したもので、ヒットラーの復活は昔ぼくはかなり大好きなゲームで、何度もクリアしたような思い出がある。ワイヤーアクションで足場から足場へ飛び移るのが気持ちいいゲームやった。

今作ではグラフィックがきれいになったりボス戦がリメイクされてしっかり作り込まれたりしていて、単純な移植というわけでもなく、1000円程度にしてはよくできていて、結構遊べる。

しかし、操作体系が独特で、昔プレイしていた頃のボタン配置なんて全く覚えていないから、ワイヤーを離したいのに離せなかったり、思うように動かなくて、ちょっといらいらした。

3Dになったせいか、グラフィックが書き込まれているせいか、足場と足場でないところの区別がつきにくい場所もあり、地面に降り立ったつもりがそのまま落下ということも。

全体としてはよくできたアクションゲームなのやけど、プレイしていていらいらすることが多かったので、爽快感より、ストレスをためてしまった気がする。

昔のままのファミコンのヒットラーの復活はどうやったかなあ・・・こんなゲームやったんやろうか。

0 件のコメント: