日曜日, 12月 21, 2008

Fallout 3 プレイ日記 (5)

ギャラクシーラジオのアンテナを交換するため、ワシントン記念塔へ到着し、アンテナを交換。

まわりにはミュータント達が大勢いたけど、最近武器が強くなってきたせいか、以前ほど苦労しない。強くなったもんや。コンバットショットガンが今のメインの武器で、弾はちょいと高いけど、威力は抜群。


ギャラクシーラジオに戻って成果を報告すると、次はリベットシティへ行くことに。前回は船への渡り方がわからなかったけど、よく見ると岸にインターホン発見!これを押すことで、船から長い橋が降りてきて、ようやく船へ渡れるようになった。小さいから気づかなかった。。。


リベットシティは船の中にあるとはいえ、縦に階層が深いため、めちゃくちゃ広く、通路も複雑でまるで迷路に迷い込んだよう。人も多いしイベントも多い!


リベットシティで気づいたけど、このゲームの登場人物、まるで生活しているかのように動いてる。夜お店が閉まるのは当然なんやけど、酒場のような24時間開いてるお店の場合、朝と夜とで店番の人が挨拶して交代したりもする。

レストランでは、椅子に座ると、ウェイターさんが注文を取りにやってくる。よく見ると、他の人たちもちゃんと席に座って、注文して、おしゃべりしながら食事を食べている。街の人たちも、お互い挨拶したり、日常会話を交わしたり。一人一人がちゃんと生活している。すげー。作り込みすぎやろこれ。。。


あと、リベットシティ内部で父親の情報を聞いたり、行方不明のアンドロイドを捜す依頼を受けて旅に出たけど、謎の女性からアンドロイドを探すのはやめてあげてくれと頼まれて、依頼を中断したり、ありに襲われてる子供を助けて、いろいろあった結果、アリのエキスを注入されてスキル知覚が上がった&火に強くなったり、セクシーな寝巻きを手に入れたら、変な男が「よこせ!」と言ってきたので、とりあえず渡して、油断したところを後ろから撃ち殺して取り返したり、独立宣言書を取ってこいと言われ、博物館に行ったら頭のおかしなロボットがいて、独立宣言書は渡せないから偽ものを作るからインクを取ってこいと言われ、強引に奪うか迷ったけどうなずいたりした。

いろいろありすぎて、細かいところまではとても書けない。ちなみに、これらのイベントは一本道ではなくて、どれも多数の枝分かれの中からぼくが選び取った一つの進め方であって、人によって全く違うはず。

最近、Scienceを67まで上げたおかげか、見かけたターミナルはほぼハッキングできるように。スーパーハッカーを目指すぜ!

0 件のコメント: