土曜日, 11月 15, 2008

C言語がバージョンアップするんやって

C++0xってのが企画されていて、2010年の公開をめどにしているとか。

僕は、WebサービスやWindowsアプリを仕事で作っていた頃は、C言語が嫌いで、.NETをメインに、JavaやPerlやVBや、とにかくC以外の言語を選択していたのやけど、コンシューマゲームの場合はC++で製作するしか選択肢がなく、いやいやながら、Cを使ってる。

僕がC言語を嫌う理由は、2つある。別に、ポインタが嫌いなわけじゃない(むしろ好き)。ガベージコレクタがないことでもない。標準ライブラリが貧弱なことでも、文字列処理に弱いことでもない。

もっと単純なことで、ヘッダーファイルがあるために、同じ関数宣言を二箇所で書かないといけないこと、もうひとつは、他の言語に比べてビルドが圧倒的に遅いこと。そのために、トライ&エラーに時間がかかりすぎるし、効率が悪くていらいらする。

C言語がバージョンアップしても、この2点の弱点はなくなりようがないし、むしろ滅んでほしいので、C言語をバージョンアップしてもらっても、喜べない。ま、実際に滅んでなくなったりはしないやろうけど、できれば、次の世代のゲーム機には、C言語以外にも、JavaやC#をサポートしてほしいと思ってる。マイクロソフトなら、C#はありえるかもしれん。

ちなみに携帯電話用のゲームならJavaで作れるけど、ハードウェアスペックが低い&機種間の互換性の問題があるおかげで、携帯ゲーム機以上に作るのが大変。。。PC以外の、ゲームの製作環境はなかなか良くなっていかないな。

0 件のコメント: