土曜日, 11月 08, 2008

モノラルとステレオ

ミキシングがうまくいかない。

PANを右に振れば、本来右から音が出るはず。でも、なぜか音量が小さくなるだけ。左に振ると、左右両方の音が大きくなる。リバーブも、なんだか効きが悪い。


変やな~、と思って、いろいろ調べてみたら、ありえない間違いを発見してしまった。


それは、PCからヘッドフォンへつなぐ途中に挟んでいた、「ミニプラグ・標準プラグ変換コネクタ」、これがなんと、「ステレオ→ステレオ」ではなく、「モノラル→ステレオ」用のプラグだったことが判明。


どうやら新しいヘッドフォンを買ってから今までずっと、「モノラル」で音を聞いていたらしい。逆に、以前曲を作っていたときは、変換コネクタ不要のヘッドフォンを使っていたので、問題なかったわけや。


ああ、ショック・・・!


いままで気づかなかったとは。。。


ありえん。


速攻でビックカメラに行って、「ステレオ→ステレオ」プラグを購入。改めて音を聞いてみると、当然のごとく、音の広がりが「全く」違っていた。モノラルじゃ、そりゃあリバーブも効かないわ。。。

今、改めて、クラシックや、ピアノのCDを聞いてみると、当然ながら、素晴らしい音響に。ああ、これが聴きたかったんよ~。感動。ミックスもようやくまともにできる。

でも、どっちかっていうと、今まで気づかなかったことが悲しい。。。

0 件のコメント: