水曜日, 10月 08, 2008

100円ショップの電池


最近のゲーム機は、コントローラがワイヤレスになっていて、電池を入れないと行けないので、ぼくはしょっちゅうダイソーで100円で8本くらい入っているマンガン電池を購入し、安くすませてる。

でも、やっぱり100円ショップの電池は安い分だけ性能が低いんじゃないやろうか・・・
実際、この間買ったばかりのWiiリモコン用電池は、一ヶ月も経たないうちにかなり減ってきているし。

と、思ったので、ちょっと調べてみた。Googleの上位3つの検索結果を順番に見てると・・・意外な結果に。






どの実験結果でも共通しているのが、「100円ショップの電池とそうでないもので、電池の持ちにあまり差はない」ということ。これは、すごく以外。。。100円でいくつも買える電池なんて、普通の電池の半分以下の寿命なんやろうなとか、勝手に思っていたけど。。。

これには、スーパーなどで売られている電池は、100円ショップのものに比べて回転率が悪いため古い電池が多く、劣化が既にあるのでは?という考察もついている。とはいえ、買う立場からすれば同じこと。
ぼくの選択は間違っていなかったのか~っ!


そして、さらに調べてみると・・・
ぼくは、すごく大きな間違いを犯していることに気づいた。


なんと、ゲーム機のコントローラに適しているのは、「アルカリ電池」のほうらしい。。。(Wiiの説明書にも書いているらしい)
そら、どうりですぐに電池が切れるわけやわ。。。


その場合、EVOLTAや、eneloopなんかも候補にはいるから、選択肢も多くなるし、さらに調べないとね。

0 件のコメント: