火曜日, 9月 23, 2008

ヘッドフォンも買った!

MDR-CD900ST・・・それは日本のスタジオ定番ヘッドフォン!

実際、高価なヘッドフォン(ATH-W1000、約4万)を持っているのに、さらに他にもヘッドフォンが必要やろか・・・とは悩んだんやけど、今まで使ってた7000円のコンパクトなヘッドフォンと、高価なヘッドフォンで音を聞いたときの違いがあまりに大きかったので、また同じ失敗をして時間を無駄にするのも嫌やな、と思って、買うことにした。16000円くらいなので、そう高いもんでもないし。

こいつは、モニター用のヘッドフォンで、日本のスタジオならどこでも置いてある標準ヘッドフォンだとか、DTMやってるならとりあえず持っておけとか、そういうものらしい。何がそんなに違うんだ・・・と、買うまでは思ってた。値段が高い方がいいに決まっていると・・・

買って、さっそくアンプに装着。聴いてみると、すごくもわ~んとしていて、音像がぼやけまくり。なんじゃこりゃあ~。エイジングしてないからか?ヘッドフォン(スピーカも)は、買ったばかりだとそのヘッドフォン本来の音が出なくて、低音がえらく強すぎるとか、高音が弱いとか、いろいろと安定しなかったりするらしい。


しかしその原因は、ヘッドフォンじゃなかった。アンプの、「SUPER BASS」つまみがMAXまで振り切っていたのだ。


あ、そりゃそうやね~、これはやりすぎや。でも今までなんで気づかなかったんやろ・・・


つまみをゼロに戻したら、もわ~んはなくなり、しっかりとした音が聞こえるようになった。

実はこのつまみ、以前、回しても全然効果ないやん、と思って、いろいろいじくってたのやった。今までのヘッドフォンではまったくおかしいと感じなかったのに、このヘッドフォンやと、一撃で変!とわかってしまった・・・!凄い・・・。まだエイジングもしてないのに。つか、SUPER BASSってかなり効果あるのね。。。


そんないきなり実力を見せてくれた(つかぼくが鈍すぎ?)なMDR、さすがに音解像度が凄く良く、曲の中で鳴っている楽器を分離して聞き取りやすい。Capsuleを聴いてみたところ、今まで聞き逃していた音ががんがん聞こえる。こいつはすげえ。

そして、意外やったのが観賞用としてもいけるってこと。特にテクノやトランス系の曲やと、低音がズシズシ響いてきて気持ちいい。ATHはクラシックに適してる反面、ドンシャリが弱くて、その辺不満があったんよね。これは嬉しい誤算やなあ。でも音が補正されずにダイレクトに耳に届くんで、長時間つけてると疲れる気もする。


まあ、ATHよりMDRが上とかそういう話ではなく、今回わかったのは、ヘッドフォンによって、「全く」音の聞こえ方が違うってこと。ATHはOKWebのように優しく、MDRは、2chのコメントのように本音でずんずん来る。だから、モニター用にはMDRがいいってことなんやね。


買う前は、ヘッドフォンこんなにあってどうするか、と思ってたけど、とんでもない。これはDTMやるには必須アイテムやったね。

つーわけで、今回も満足度最高の買い物やった。

0 件のコメント: