火曜日, 9月 30, 2008

輪ゴム鉄砲


アホすぎるけど、ここまでやられるとまいりましたとしか言えん。



月曜日, 9月 29, 2008

24インチのディスプレイは快適



24インチのディスプレイをついに購入して、一週間ほど使っているけど、快適で仕方がない。

以前使っていた20インチのディスプレイと、デュアルで使ってる。

まあ、見てくださいよこの広大な画面空間を!
(左が20インチの旧ディスプレイ、下には画面がないので黒くなっている。右が今回購入したワイド24インチ)

はっきり言って、普通にネットとかしている分にはこんな画面広くてもしょうがないけど、DTMやるにはある程度画面が広くないと効率が悪いのよね。例えば、ミキシング時にはトラックの数が50以上になっていることもあったりして、全トラックパラメータがコンソールの一画面に収まらなくなり、目的のトラックはどこだっけ~なんてあっちこっち探し回ることになって、すごくストレスが溜まる。

でもこの大きなディスプレイがあれば、そんな心配は無用!常時コンソール画面とVSTラックを表示しながら、ピアノロール編集できます!

こんないいお品が今ならたったの3,5000円!どうですか、お買い得でしょ?
ま、液晶の値段というのは常に下がり続けているものらしいので、待てば待つほど安くはなるらしいんやけどね。

日曜日, 9月 28, 2008

MotoGP in もてぎ 2008


最近恒例のMotoGP行ってきました。

今年はロッシが久しぶりに以前の強さを取り戻していて、もてぎで優勝の瞬間が見れるんでは?と期待してた。
そして・・・期待通り、ロッシが優勝!そして、もてぎでチャンピオン決定!

いや、嬉しかった~。満足した。

土曜日, 9月 27, 2008

ロックマン9 ★★★★☆


Wiiバーチャルコンソールで懐かしくファミコン風に作られた新作ロックマン9は結論から言うと素晴らしかった。

新作ロックマンがファミコン風グラフィックである背景には、間違いなくニコニコ動画でロックマンの歌が流行ったことが背景にあると思うんやけど、その企画を通したカプコンも、見た目のイメージだけじゃなく、中身のクオリティも傑作だったロックマン2並に仕上げたスタッフの力量と頑張りに拍手したい。

しかもこれが1000円とは!すごいことをやってくれた。

見た目レトロなこのゲーム、別にファミコンエミュレータを用いてるわけじゃなく、普通のWiiのソフトとして作っているらしい。だから、やろうと思えば、何色でも使えるし、大型の敵も何体でも出せるし、音楽も豪華に出来る。けど、あえて懐かしいな雰囲気を再現しているところに価値がある。

とにかくファミコンを再現しようという意欲はすごくて、サウンドにもそのこだわりが見られる。音色はもちろん、ゲーム中の同時発音数も4音らしく、ゲーム中でエフェクト音が鳴ると、鳴っているステージ曲の音が一部消えるところまでそのまま。大型の敵が登場するときは、かならず背景が真っ黒になる(ファミコンでは大型の敵は背景を使用して表現するため。ロックマン1,2でもそうなっている)。
これは作るの、面倒やったやろうなあ~。プログラマもグラフィックも。

そんなロックマン9は見た目こそファミコン風やけど、実際、ゲーム内容も驚くほどファミコン風。使うボタンも十時キーと1,2ボタンのみ。初代から徐々に追加されていったアクション、スライディングや溜め撃ちもなくなってすっきり。個人的にショットボタン連打が好きなので、溜め撃ちの廃止はうれしい。スライディングも便利やけど、ついつい歩く代わりにスライディングを連発して滑りながら進んでしまったりして、ビジュアル的に微妙やったのでこれもなくなってOK。

2と大きく違うのは、ネジを集めてアイテムを買えるところ。これで難易度がかなり下がるかと思ったけど、実際ネジはそんなに大量に溜まるもんでもなくて、アイテムも一回使い切りのものが多いから、そう極端に難易度が変わりはしない。といっても、E缶を買いまくればボスは簡単に撃破できるけど。

プレイした感想やけど、まず思ったのは、ロックマンの挙動がきびきびしてるってこと。1,2にあった、着地後にちょっと足が滑る慣性がなくなっている。はしごを登るスピードも速い。ジャンプ中の左右への動きも速い。全体的に、キーに対するレスポンスが良くなってる。他の部分がほぼ2を継承してただけに、ぼくは初めこれに凄く違和感を感じていた。ゲームのキャラってのは、操作しやすければいいってわけじゃなく、実はあえて操作しにくい部分を残すことで、ゲームとして成立させる必要がある。マリオなんて、急ブレーキかけてもすぐに止まれなくて穴に落ちたりってのは、その典型。
例えば以前のロックマンだと、「タイミングを間違ってジャンプするともう後ろには戻れなくて死亡確定」くらいの慣性がかかっていたけど、今回はすぐに十時キーを操作すれば元の足場に戻ってこれる。今回動きがきびきびしすぎてて、なんだかあの「懐かしい操作しにくさ」がなくなって寂しかった。。。けど、クリアする頃には慣れてた。作った人たちも、9ではもう少し操作しやすくしよう、ってことで意図的にこういう挙動にしたんやろう。ただ昔を模倣するだけじゃなく、よく考えて作ってるのがわかる。

難易度はファミコン時代そのままの高さ。左上から順番に回ったものの、なかなかクリアできるステージに巡りあえんかった(結局宝石からクリア)。この難易度の高さは、初め理不尽なほどに感じられるけど、プレイしていくと徐々に解き方がわかってきて、あれ、意外といけるやん、なんて自分の成長が感じられる、うまいバランスになっていて、次はクリアできるかも!とか思ってしまうので、何度も死んでも、ついつい再チャレンジを繰り返してしまう。反射神経じゃなく、頭を使えば簡単に進む方法がちゃんと用意されてるのは、やはりロックマンの伝統。

武器も、ほとんどの武器にどこかで使い道がある。これはボス戦だけじゃなく、道中でも。ロックマンはせっかく取得しても、使えない武器が多いのが伝統やけど、その点でもバランスがとれていて、使う武器を考えるのが楽しい。

プレイしてるとどんどん時間が経って、なんかしらんけど、こんなしょぼいグラフィックのゲームにはまってるよってなって、仕事から早く帰って続きやりて~って気持ちになって、仕事スピードが上がって早く帰宅できたりするかも、っていうくらいはまれる。なんか、グラフィックなんてどうでもいいんじゃないか、なんて思える。まあ、グラフィックってのは色数で決まるもんじゃないし、個性的な敵のデザイン、面の雰囲気とそれにあった仕掛け、そういうものが、これぞアクションゲームの見本!というレベルで完成している。

WiiWareで1000円という価格やけど、ゲーム内容に手抜きは全く感じなかった。ファミコン時代なら定価で売られていたレベル。まあ今の時代なら5000円は出せないやろうけど、1000円は安すぎる。元が取れるのかちょっと心配になるけど、他機種版での販売や、追加コンテンツで採算を取るつもりなんやろう。英語版MEGAMAN9(ロックマンの英語版)は、初日で6万ダウンロードになり、この勢いだと歴代WiiWare一位になりそうらしい。海外にもロックマン好きな人多いんやね。

今日ようやくクリアしたんやけど、かなり満足した。とにかく、企画がもう、ファミコン世代のツボついているうえに、実際のゲームの出来も完璧となると、これはう~むカプコンはやりますなあ、ありがとう!という感想しかでない、というか、ロックマン10にも期待!

金曜日, 9月 26, 2008

松下の新社歌はぱ~なぱ~なぱなになる・・・かも?


なんでも、10月になると松下電機はパナソニックに、松下電工はパナソニック電工になるらしいね。電工につとめてる友人が、「子会社やということがはっきりわかる名前」やといって、嫌がってた。

以前は、今みたいに株式を完全に取得されていなくて、電機も電工も、外の人間には違いなんてよくわからんかったし、内部で働いてる人たちも、電工と電機は対等だというくらいの気持ちは持っていたやろうけど、今後はそうはならんやろう。これから就職活動する人だって、パナソニック電工なんて怪しい名前の会社よりも、パナソニックに行きたいって思うやろう。
ナショナルって名前もなくなるらしい。電工の人はプライドを保つのが少し難しくなる気がする。
(ちなみに、多少オーバーラップはあるけど、今までは松下電器→パナソニック、松下電工→ナショナルのブランド)

それもこれも、世界的には、パナソニックという名前が知名度が高いからやとか。

しかし日本人にとってみたら、ナショナルは長年親しんできたブランドで、逆にパナソニックの冷蔵庫を買いたいと思うかっていうと、微妙なんやけど。何十年も先を見据えた戦略やとは思うけど、今のままでも社名もブランドも素晴らしいもので、捨ててしまうのはもったいないと思うけどな。

松下では今でも毎朝社歌を歌っているらしいんやけど、今度社歌も変わるらしい。しかも新社歌は、あの久石譲が作るらしい。ぱ~なぱ~なぱなってなるんかな。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/10/news086.html

木曜日, 9月 25, 2008

SONAR8発表!


なんかロックマン9が今日Wiiで配信されていて、新作なのになぜかファミコン風で、ファミコンと何もかわらんやん、なんや~ねん~と思ってやってたら、なぜかこんな時間になってた。苦労したけど、なんとかワイリーステージまで行ったぜい。

そして本題、今日、SONAR 8の発表が!
つっても英語版やけどね!

日本語:http://www.dtmm.co.jp/archives/2008/09/dawsonar_8.html
英語(プレスリリース):http://www.cakewalk.com/Press/09-22-08-SONAR8.asp

ぼく的に注目の機能は、

・インストゥルメントトラック
・Loop Explorer 2.0
・コントロール・サーフェス、ACTの更新

くらいかな。ありゃ、イマイチぱっとせんなあ。。。まあSonarのバージョンアップってのは、意外にちまちまとしたインタフェースの変更がツボをついていて結構作業効率に効いてくるところがあるんで、まあそういうとこにも期待なんやけど。つっても、今までSonarはバージョンアップごとに確実に使いやすく製品クオリティを上げてきていて、Sonar7の時点でも大きな不満というのもないし、製品として成熟してきていて、だんだん追加する機能も大きなものがなくなってきてるのかも。そのうち、Officeみたいにバージョンアップしなくていいや、って人が増えてくるんやろうね。まあぼくは新しいの好きやからバージョンアップするやろうけど、それでも毎年税金のように高いお金を払うシステムで、しかもバージョンアップをパスできない(パスしても実質、次のバージョンアップで二回分の料金が必要なので費用の節約にならない)っていう極悪な料金体系を何とかしてほしい。


おっと話がそれたので戻すと、今回は、新音源が結構魅力的。

・新ループ音源「Beatscape」
・総合音源「Dimension Pro」フルバージョン
・ピアノ音源「TruePianos」

いやあ、すごいね。Dimension Proなんて、容量が7GBもあるらしいし。すげー。でもこれらの音源は、例によって僕の購入予定のStandardEditionにはつかへんのよね。ちくしょー、Dimension Proだけでいいからつけてくれ~っ!それならよろこんでバージョンアップするで!

火曜日, 9月 23, 2008

ビフォーアフター

めちゃ笑った。
こいつら楽しそうやなあ。しかも伏見区とは。



ヘッドフォンも買った!

MDR-CD900ST・・・それは日本のスタジオ定番ヘッドフォン!

実際、高価なヘッドフォン(ATH-W1000、約4万)を持っているのに、さらに他にもヘッドフォンが必要やろか・・・とは悩んだんやけど、今まで使ってた7000円のコンパクトなヘッドフォンと、高価なヘッドフォンで音を聞いたときの違いがあまりに大きかったので、また同じ失敗をして時間を無駄にするのも嫌やな、と思って、買うことにした。16000円くらいなので、そう高いもんでもないし。

こいつは、モニター用のヘッドフォンで、日本のスタジオならどこでも置いてある標準ヘッドフォンだとか、DTMやってるならとりあえず持っておけとか、そういうものらしい。何がそんなに違うんだ・・・と、買うまでは思ってた。値段が高い方がいいに決まっていると・・・

買って、さっそくアンプに装着。聴いてみると、すごくもわ~んとしていて、音像がぼやけまくり。なんじゃこりゃあ~。エイジングしてないからか?ヘッドフォン(スピーカも)は、買ったばかりだとそのヘッドフォン本来の音が出なくて、低音がえらく強すぎるとか、高音が弱いとか、いろいろと安定しなかったりするらしい。


しかしその原因は、ヘッドフォンじゃなかった。アンプの、「SUPER BASS」つまみがMAXまで振り切っていたのだ。


あ、そりゃそうやね~、これはやりすぎや。でも今までなんで気づかなかったんやろ・・・


つまみをゼロに戻したら、もわ~んはなくなり、しっかりとした音が聞こえるようになった。

実はこのつまみ、以前、回しても全然効果ないやん、と思って、いろいろいじくってたのやった。今までのヘッドフォンではまったくおかしいと感じなかったのに、このヘッドフォンやと、一撃で変!とわかってしまった・・・!凄い・・・。まだエイジングもしてないのに。つか、SUPER BASSってかなり効果あるのね。。。


そんないきなり実力を見せてくれた(つかぼくが鈍すぎ?)なMDR、さすがに音解像度が凄く良く、曲の中で鳴っている楽器を分離して聞き取りやすい。Capsuleを聴いてみたところ、今まで聞き逃していた音ががんがん聞こえる。こいつはすげえ。

そして、意外やったのが観賞用としてもいけるってこと。特にテクノやトランス系の曲やと、低音がズシズシ響いてきて気持ちいい。ATHはクラシックに適してる反面、ドンシャリが弱くて、その辺不満があったんよね。これは嬉しい誤算やなあ。でも音が補正されずにダイレクトに耳に届くんで、長時間つけてると疲れる気もする。


まあ、ATHよりMDRが上とかそういう話ではなく、今回わかったのは、ヘッドフォンによって、「全く」音の聞こえ方が違うってこと。ATHはOKWebのように優しく、MDRは、2chのコメントのように本音でずんずん来る。だから、モニター用にはMDRがいいってことなんやね。


買う前は、ヘッドフォンこんなにあってどうするか、と思ってたけど、とんでもない。これはDTMやるには必須アイテムやったね。

つーわけで、今回も満足度最高の買い物やった。

月曜日, 9月 22, 2008

作りかけの曲


作りかけの曲をネットにアップして聴いてもらったら、ベースの音程は合ってないし変な音が鳴ってるし、
みたいに言われてヘコんだ。

作りかけってこともあるけど、いろいろ知識も得られたのでいいってことにしておく。

しかしみんなの作ってる曲を聴いてると、趣味とはいえまともなクオリティの曲を作るのは大変だと感じるな。
あー誰かすぐ横で教えてくれればなあ。。。

土曜日, 9月 20, 2008

Q6600買ったぜ!★★★★★



DTMにおける三種の神器とは、CPU、ヘッドフォン、大きい液晶ディスプレイであるー

とは、今日僕が言った言葉なのやけど、これからこの3つをそろえていこうかなと思ってる。
そして、さっそく今日、高速なCPUを手に入れた。今は型落ちになって値頃やけど、マザーを交換せずに使えるCPUで一番スペックの高い部類に入るCPU。

Quadコアの、Q6600を2万2千円で。Quadなんて、4コアもあって何に使うんだと思っていたけど、まさか自分が買うことになるとは。

さっそく、マザーに取り付けてみた。なんとなく付属のCPUファンを使うのが嫌だったので、以前自分で購入した、静音式のファンを使うぜ!と思ってセットし、PCを起動し、CPU温度を確認したところ、70度くらいになっていた。

70度か・・・まあこんなものやろう。一応ネットで普通はどの程度の温度が標準的なのか調べてみるかな・・・

と、調べたところ、「Q6600の場合アイドル時で40度を超えていると危険です」との記述を発見。やばええええ!

速攻でファンを外して、CPU付属のファンをセット。無駄な時間を使った・・・


さて、再起動して温度をみると、40~50度の間くらい。まあこんなものか。

そして、気になるスピードをチェック。普通はベンチマークソフトを使うんやろうけど、ぼくが気にしているのは、単純にDTM性能なので、Sonarで重いファイルを再生すれば十分。

と、前回作った自分の曲を取り出して、全トラックのオーディオフリーズを解除して再生する。以前のCPU(Pentium D 2.66GHz)なら、余裕でDROPOUTしていたところやけど・・・

結果、余裕で再生!

CPU負荷にはだいぶ余裕がある!すげえ!

以前から使いまくりたかったz3ta+をいくつか起動し、再生するも、まだまだ余裕。すごすぎる・・・Quad最強。
オーバークロックもしてないのに、このスペック。別次元の性能やね。もっと早く手に入れてれば、DROPOUTに苦しんだあの日々もなかったのに・・・まあいいか。

それにしても、快適すぎる。でもまだDTM作業の中で一番負荷のかかるミックス作業まで行っていないので、その段階でどの程度快適なのかが問題やな。しかし現段階では、これで2万ちょいなんて、すごいいい買い物やった。いろいろ調べた甲斐があった。


実は今日、ヘッドフォンも買ったんやけど、それはまた後日に。

金曜日, 9月 19, 2008

あいつにも効くカビキラー


前の会社の先輩と飲みに行って、気持ちよく帰ってきてトイレに入ったら、なんか足下にがさがさと動くものが・・・


ネコかな?


ハムスターかな?


そんなわけもなく、トイレの電気がついて、あわてて逃げまどう、子供のゴキくんなのでした。当然こっちもあわてたわけで、一旦トイレのドアを閉めて、頭の中で作戦会議。

う~ん、どうしよう。。。武器になりそうなものは・・・とりあえず、漫画雑誌か。
しかしトイレを開けると、ゴキくんはトイレの下に、便器にへばりつくように身を隠していて、(全く隠れていないけど)、大きい雑誌でたたけるほど広い空間にはいない。

ゴキジェットとかあればなあ。。。

あ、そうだ。最近買ったカビキラーはどうやろうか?ラベルには、やたら「危険!取扱注意!」って書いてあるし、いかにも肌とか溶かしそうなあれは、小生物には効くんじゃないか。酒が入っているためかわけわからん思考になってしまった気もするけど、とにかくそれ以外試せることがない。


逃げるなよ~、と注意深く近づいて、しゅっとカビキラーをふきつけてやると泡まみれになった奴はあわてて逃げてしまった。


あ、やっぱ効いてないか・・・


懲りずにもう一度吹き付けると、再び逃走。しかし、なんだか動きがかなり鈍い・・・


もしかして、効いてるのかも?


これはいけるかも、と思って何度も吹きかけてやると、みるみる動きが鈍っていき、最後には仰向けになって降参した。まさか、本当に効くとは。しかも弱らせるくらいに考えていたのに、殺せるとは思わなかった。


ふう、さすがカビキラー・・・こいつは最強や。これがあれば・・・無敵やね!


でも、うちは最近立て続けにゴキが出ているんよね。ゴキブリ団子でも作ろうかなあ。。。

木曜日, 9月 18, 2008

ページビューはどうかね


Bloggerの場合、Google Analyticsや、ウェブマスターツールでアクセス解析することが出来るので、たまにチェックしたりしている。

最近ちょっと日記から離れて、サイトやサービスの紹介のような記事を書いていたのやけど、ああいう内容やと、Googleから検索でたどり着く人が多いんちゃうか、と思ったので、どの程度ページビューが変わるかの実験をしてみた次第。

結局、Google Chromeのキーワードでひっかかって来る人が多かったという結果になった。まあ、普段の日記よりは、少しでも世の中の役に立ってるってことか。あと、ゲームレビュー系で検索してくる人も多いみたい。レビュー、真面目に書くかな。

ヘッドフォンの力


最近会社で(仕事の関係もあって)音をPCから聞くためにヘッドフォンを会社に持って行っているので、普段家で使っているヘッドフォンが使えなくなった。なので、家では以前から持っているけど、ずっとピアノにつけっぱなしだった高価なヘッドフォンを使うことにした。

で、このヘッドフォンで自分の作った曲を聴いてみると・・・うわ、全然違う・・・

音が完全に分離して聞こえて、明瞭さが全く違う。そのため、完璧にミックスしたはずの曲は、逆に音がごちゃまぜになっていることがはっきりわかってしまい、かなりひどい。これはやり直さねば。。。

うーん、ここまで違うとはショックや。つか、持ってたんやから使えば良かった・・・
やっぱミキシング用のヘッドフォン、いるかなあ。

火曜日, 9月 16, 2008

夜行バスは安くていいね

夜行バスで京都の実家に帰って参りました。

夜行バスは安いね。普段24,000くらいかかっているのが、夜行バスならその半額。
しかし、欠点はなかなか寝られないこと。

帰りは京都駅から出発やったんやけど、三連休の最終日だからなのか、夜行バスの本数が多くて、しかもどこのバス会社も集合場所を同じ場所に指定していて、しかもその場所が狭いもんやから、受付の周辺は、順番待ちの人と、受付が終わってバスを待つ人でごったがえして、大混乱。バスも遅れて到着するし、それまでの間暑くて、せっかく温泉で汗を流してきたのに、また汗をかいてしまった。

バスのルートは、行きは新名神を通ったのに、帰りは普通の名神。直線的に行けるぶん、新名神の方が早そうやけど、なんか理由があるんかな。

金曜日, 9月 12, 2008

ブラックホーク・ダウン★★★★☆

ブラックホーク・ダウンを今更ながら、見た。

有名な映画なので知ってる人は多いかと思うけど、1993年ソマリアで行われた、米軍の特殊部隊による作戦を発端とした戦闘を描いた映画。当初は要人のみを標的とし、1時間で終わる作戦のはずが、ブラックホークというヘリの墜落を機に、町中を敵とした泥沼の戦いとなっていく。

ソマリアっていうと、ぼくが中学生の時の授業中、音楽の先生がなぜか「今日新聞に載ってた貧困が問題になってる国知ってるか?ソマリアっていうんやぞ。新聞くらいちゃんと毎日読まないと、受験問題に出るぞ」なんて言ってたことを思い出すな。どうでもいいけど。

基本的には実話を元に構成されているけど、やはり完全に史実通りって訳じゃなく、多少の誇張表現や要約がある。しかしそのおかげで一本の映画として話がまとまっていて、リアリティのある戦闘描写のおかげもあって、素晴らしいエンターテイメントになっている。かつ、米軍視点にもかかわらず、ソマリア兵から米軍がどう見られているかも描写されていて、一方側からの押しつけでない映画になってると思う。イスラム圏のアラビアンな市街での戦闘はエキゾチックで、なんだかコールオブデューティ4を思い出してしまった。

最後のクレジットで、米兵は18人死んだと表示されるけど、ソマリア人は500~1000人くらいは死んでいるらしいので、それを知ると米軍の戦闘能力の高さと、相手の方が悲惨やんかとちょっと思ってしまうけど、ソマリア兵は撃たれても撃たれても、表現は悪いけど、バイオハザードのゾンビのごとく、全く恐れることなく際限なく襲ってくるので、ほっとけば米兵は去っていくのに、命を大事にしてないのか、死んでもいいというだけの誇りや覚悟があるのかわからないけど、そりゃ被害も大きいやろうとも思ってしまう。

とにかく、作り話かと思いきや実話である兵士たちの勇敢な行動や、リアリティあふれる戦場描写、何となく有名な映画だったという記憶があったので観てみたけど、これは正解やった。
今でもソマリアは無政府状態で治安は最悪らしい。平和な日本にいると、現実にこんな場所があるとは信じられんね。

木曜日, 9月 11, 2008

マシン買い換え検討中

最近、少しずつ曲の作り方を覚えてくると、トラックの数が1つから2つ、2つが4つ、4つが20個以上に増えてきて、PCスペックが追いつかず、ミックスが辛くなくなってきた。しかも、2年ほども前に単品で買ったソフトシンセの勇z3ta+は、あまりに負荷が重すぎてまともに使えないありさま。

そんなわけで、とりあえずCPUを換装しようかなと。

検討中なのが、今のままのマザボに乗る、QuadコアのQ6600(現在約2万円)と、マザボ買い換える必要があるがさらに高速なQ9xxxシリーズ(マザボとあわせて5万くらい)。
トータルの価格差にして、だいたい3万円くらい。

はぁちゃんに聞いたところ、最新のQuadはすこぶる快適らしく、魅力的。が、それでもz3ta+はかなりの負荷を食っている。となると、それよりスペックの低いCPUはちょっと選び辛い気が。。。

ただ、お金を節約して、他のことに使うって手もある。
例えば、最近は22インチワイドディスプレイでも、2万ちょいで買えるんよね。DTMって、トラックを表示してコンソールを横に表示してシンセつまみいじって、とにかく画面を広く使えた方が作業効率が上がるので、2台目のディスプレイも欲しい。

しかし、今年の年末には、またSonar8が出る模様。。。バージョンアップとして税金のように毎年高いお金を払わされるシステムはどうなっているのか?まったく。

つーわけで、最近は、ブログや、価格.comや、2chと、にらめっこなのであります。
でも、いろんなサイトを見ても、結局一番役に立つのは知人の意見と、2chなんよね。

水曜日, 9月 10, 2008

面白動画の紹介

最近毎日更新していたけど、今日は書くこともないので。。。動画の紹介でも(∵)

黒板を使ったストップモーションアニメ
格好いぃ!

火曜日, 9月 09, 2008

無料で音楽が聴けるサイト

ネットの面白いサービスシリーズ、その3。

無料で音楽が聴けるサイト。
もちろんプロの楽曲、しかも完全に合法的。
どちらもダウンロードは出来ないけど、オンラインでなら何度でも聴ける。
ぼくは仕事中に使っているのやけど、どっちもすごく便利。
ゲームの制作会社ってのは、社員がヘッドフォンをつけて仕事をしている風景はごく普通なんすよ。

DEEZER
フランスの音楽配信サイト。
ユーザ登録は、お気に入りを使わなければ不要。
大量の楽曲がアップされていて、アーティスト名、曲名で検索可能。
ほとんど洋楽やと思う。(当たり前か)

GrooveShark
こちらも無料。ユーザーが楽曲をアップして共有可能。(つっても、邦楽はたぶんアップしたら駄目)
まあインタフェース以外は、ほとんど上と同じ。
ただ、こちらはユーザの好みに応じて、オススメの曲を自動的に提案してくれる機能がついているので、それを使えば楽曲が終わるたびにいちいち次の曲を指定する手間なく、曲を聴き続けることが出来る。

どちらのサイトもレーベルと正式に契約していて、使用料を支払っているらしい。ユーザーは自分で楽曲をアップしたり、購入したりしなければお金はかからない。いやあ、いい時代やね。

日曜日, 9月 07, 2008

カオスな曲作りました


一ヶ月前くらいに作って、よくわからないので放置していた曲。
初めの方の、ぶるるるーんって音は好きなんやけどね。


ネットで日々話題の情報を集める方法

まとめといえるほどまとまってはいないと思うけど、自分がネットを徘徊して情報を収集するときに便利に使っているサービスを紹介する。
ぼくはGoogle大好きなので、どうしてもGoogleのサービスが多くなってしまうな。

人それぞれいろんな方法があると思うので、他にもいい方法やサイトを知っている人は教えてください。


Googleの提供するRSSリーダー。オンラインでRSSが読めるサービスはたくさんあるんやけど、いくつか試した中で気に入ったのがこれ。登録しているサイト記事の題目やサマリが一覧で読める。未読記事があればすぐにわかるよう未読の記事数が表示される。いちいちお気に入りのサイトを巡って、最新記事が更新されているかどうかを確認するなんて、考えられない手間やからね。フォルダを作ってグルーピングできるし、フォルダをクリックすれば、フォルダ内の記事をまとめてずらっと表示することも出来る。記事が少ないときは本文表示、多すぎるときは見出しのみを一覧表示、というように、いろいろと自由度が高い。


トップページに自分の好きなガジェット(部品)を表示させられるので、そこにYahooのトップニュースや、天気予報、心を癒すための写真なんかを表示しておくと、情報収集が便利になる。ぼくはGMailとGoogleカレンダーも表示してます。


ネット上で注目されている記事や、ブログをランキングし、上位から見ることが出来るサイト。今話題になっていることは何かな~?というのを、簡単に知ることが出来る。あと、自分が気になるキーワード、例えば「ぽにょ」なんかで検索すると、ブログの内容の一部がずらっと表示されるので、そういうのを眺めて評判を見てみる、なんて使い方もある。
ちょっと使い方がわかりにくいのと、サイトがちょっと重いのが難点か。サーバー増強してほしいなあ。


こちらも、ブログ上で話題になったキーワードを集めてランキングしているサイト。単語をクリックすると、それについて触れているブログを一覧表示してくれる。iGoogleのガジェットがあるので、僕の場合はそれを使ってiGoogleのトップに表示させ、知らない単語があったらクリックする、てな使い方。


自分はだいたい20個くらいのニュースサイトやブログをRSS(フィード)リーダーに登録していて、やはりメインはそこからの情報。なんで総括すると、何らかのRSSリーダーは必須。それでお気に入りのニュースサイトやブログを集めればOKなんちゃうかな。当たり前やけどね。

Wikipediaのフィードリーダーの項目を見てみると、オンラインオフライン含めて、本当にたくさんの種類のリーダーがあるのね。。。

金曜日, 9月 05, 2008

オンラインでメモをとるツールのまとめ

日頃Webをしていると、有益な情報を見つけて、そのページの一部分だけを保存したい、メモしておきたい、ということがある。
ブックマークという方法もあるけど、そのページ自体が必要な訳じゃなく、ある一文が非常に参考になる情報だとか、何度も見る訳じゃないけど、どこかに保存しておきたいというとき、ブックマークはあまり適切じゃない。ということで、オンラインメモ帳は便利なんよね。


ぼくが実際に日々使っている、メモをとるのに便利なサービスのまとめ。


Googleノートブック
Googleの提供するオンラインメモ帳。FirefoxやIEなら専用プラグインがあるので、メモしたい範囲を選択して右クリック→ノートブックへ保存、とできるし、なければブックマークレットを使って保存できる。フォルダを作ってメモを整理したり、検索が便利だったり、わりと万能なので、ぼくはかなり使い倒してる。


紙copi Net
名前をつけて保存という動作が不要で、ぱっとメモを取るのに最強のツール紙copiの、オンライン版。まだ出来たばかりのβバージョンやけど、ローカル版と同じ使い勝手を実現していて、とにかく、素早くメモを取るのに最適。ぱっと見、Webアプリケーションには見えなくて驚く。単独の窓を開けるGoogle Chromeと相性がいいんちゃうかな。日本発なので普及して欲しい。

オンラインじゃないけど、紙copi無料版では紙copi Liteというのもある。僕はどっちかというと、ローカルの紙copiにはかなりお世話になってる。ノートPCで議事録を取ったり、思いついたことをぱぱっとメモするのには、Googleノートブックだとちょっともっさりしてるんで。


海外で有名らしい、オンラインメモ帳。Webでも使えるけど、ローカルアプリ版もあり、Webとローカルで同期できる。無料版やと一ヶ月間にデータ転送できる容量が限られているらしい。結構多機能。とはいえ、実はぼくは少し試しただけで実用まではいかなかった。検索が強力で、検索も使い勝手がいいので、使えば便利やと思う。


Tumblr
簡単に投稿することを主眼に置いたブログ。ブログとはいえ、気になったページをとりあえず保存しておくことに向いてる。
ブックマークレットを登録しておいて、気になったページでクリックすると、そのページのリンクを題名とした記事が自分のブログにアップされし、Youtubeでは、動画へのリンクが自動的にブログに張られる。軽くコメントをつけてアップすることも出来る。僕の場合は、会社で見つけた気になったサイトはまずTumblrにアップし、家に帰ってからそれを見てBloggerにアップしたりしてる。え?仕事しろって?まあまあ・・・休憩も必要ですってば。


あと、ちょっとメモとは違うけど、オンラインで見つけたものを記録していくのに便利なサービス。


最有力のソーシャル・ブックマークサービス。つまり、みんなが自分のブックマークをオンラインに保存しておき、それを共有することで、多くの人がブックマークしている有益なサイトが簡単に見つけられるようになる、というやつやね。
気になるサイトはとりあえずタグをつけて保存したり、Googleでいいサイトが見つからないときは、これで検索するって使い方。
拡張機能やブックマークレットを使わないと不便。
以前はDel.icio.usって名前やったけど、Yahooに買収されて変わったらしい。タイピングしやすくてありがたい。


まあこんなところかなあ。自分が使ったことあるものしか書いていないので、実際には他にもたくさんあるんちゃうかな。
他にもオンラインで使ってるサービスはいろいろあるんで、またまとめてアップしようと思う。

木曜日, 9月 04, 2008

Google ChromeでGoogleノートブックを使う方法

現在のベータ版Google Chromeにはそもそも拡張機能がなく、今までGoogleノートブックをばりばりと使っていた人には、乗り換えに踏み切れない理由になってるんちゃうかな。

でも、ちゃんと使える方法があった。

IEやFirefoxには専用の拡張機能があるんで、あまり知られていない気がするけど、Google Notebookのブックマークレットが実は用意されている。

これを上のブックマークバーにドラッグしておけば、メモをとりたい部分を選択状態にしてクリックすると、
選択部分をノートに追加できる。う~ん、これで不満も解消。

ノートブックの拡張機能にある、小さい窓でのノートの閲覧は使えないけど、個人的にそんなに便利に感じていなかったので、特に気にはならないな。

水曜日, 9月 03, 2008

Google Chromeが快適すぎる

Googleの出したブラウザGoogle Chromeが快適すぎる。

とにもかくにも、動作が速い。

起動はまるでメモ帳かと思うほど速く、表示も高速、快適快適。
今のところ見た限りのページではレイアウトも崩れないし、インタフェースはGoogleらしくシンプルで使いやすく、てきぱきとページを閲覧できる。

ウィンドウを切り離して、Webページを単独の窓で開く機能は、使い方によっては意外と使えそう。僕の場合は、英語のページを読む際にALCを別ウィンドウにし、知らない英単語を検索したりする場合に別ウィンドウにしておくと、タブ間を行ったり来たりしなくて済むので便利。

割とシンプルな作りのFirefoxよりもさらにシンプルなインタフェースなので、ばりばりブラウザの拡張機能を試しまくるぜ!って人よりも、ブラウザにはこだわりがない、という人にこそ、いいかもしれない。

僕はとりあえず、しばらくは標準のブラウザとして使うことにした。
だって速いんやもん。

Gradius Rebirth★★★★☆

何気なくWiiWareを見に行ったら、Gradius Rebirthなるソフトがあるではありませんか。
画面を見てもらえばわかるように、これは以前スーファミで出ていたGradiusのWiiへの移植・・・ではなく!どうやら、新作らしい。

どう見てもスーファミか、昔のアーケードなのになあ。

と、そんなことは後から知ったのやけど。
というか、プレイしていても、昔のゲームとしか思えない。

・例えば、最近のゲームでは標準の、ボタン押しっぱなしでの連射ができず、ひたすらボタンを連打する必要がある。
・上上下下左右左右BA(Wiiでは2,1)のコナミコマンドが使える。
・だいたい、ゲーム画面がどう見てもスーファミ。ただ、スーファミでは絶対に動かせない巨大な敵がぐりぐり動いたりはするので、どっちかというと昔のアーケードっぽい。

とはいえ、ボスやステージ中の演出も凝ってるし、うーん、面白い。1000円とは思えないほど、本気で作っている。グラディウスの名を冠するゲームだから手は抜けんのじゃあ~っと開発者の気合いが伝わってくるよう。これがスーファミで出ていたら、名作の部類に入るんじゃないかな。

難易度は、コナミコマンドのおかげもあるし、何より無限コンティニュー可能なので、そんなに高くない。
1時間くらいで全部クリアできたしね。たぶん、グラI~Vで一番簡単な気がする。
Vはめちゃくちゃ難しかったしなあ。。。一番神やけどね。

クリアして、余裕やんけ~と油断していたら、いやいや、グラディウスなのに、このまま終わるわけないじゃないですかお客さま、とばかりに、エンディング後、2週目が始まった。

この2週目、打ち返し弾はあるわ、敵の弾は速いわで、ファミコン時代を彷彿とさせる鬼畜難易度になっていて、ステージ3まではなんとかたどり着いたものの、どうやら回数制限のあるらしいコナミコマンドが使えなくなり、大量の弾を吐くモアイの前に、全く進めなくなってしまった。
1時間ほど粘ったものの、指は疲れ集中力は切れて、ギブアップ。一度死んでパワーアップがゼロに戻ってしまうと難易度が跳ね上がって手も足も出なかった。
昔、グラディウスで悪戦苦闘していた頃を思い出したけど、これはSTG好き、昔グラディウスが好きやった人なら是非やってみる価値がある。

月曜日, 9月 01, 2008

大阪ガスサービスショップを家の中に入れてはいけない

GIGAZINEにこんな記事が載っていた。

つか、点検商法っていうんやね、こういうの。知らんかった。
これからは注意しよう。