金曜日, 12月 28, 2007

メタルスレイダーグローリー ★★★★☆

昔ファミマガで、8M(bit)というありえない大容量のファミコンゲームが出たということで、ずっと記憶に残っていたゲーム。

こないだ、バーチャルコンソールで偶然見つけた瞬間、購入ボタンをクリックしてた。
良い時代になったもんや

ストーリーは、昔よくあった風のSFなのやけど、会話やテキストが楽しいし、選択肢に失敗するとゲームオーバーにになることもあり、ハラハラドキドキとさせてくれて、結構楽しめた。

それにしてもグラフィックには驚いた。

キャラがアニメーションするんよね。瞬きしたり。表情がころころ変わったり。

ファミコンの限界を軽く超えた感じ。まいった。

Lost Odessey ★★★☆☆

途中までプレイしたけど、なんだかFF・・・っていうか、普通のRPGだな~と思ってやめてしまった。
ヤンセンが結構好きかな。

土曜日, 12月 22, 2007

SONAR7到着!

SONAR7ついに到着~!

まずアイコンが見やすくなってグッド

Session Drummerもなかなかいい感じ

そして、ステップシーケンサーがいい!

ドラムの入力が超楽ちん。

でもバージョンアップしてからよく落ちるようになった・・・結構バギーかも

Rapture LEがよければ正式版買おうと思ってたけど、期待したほど音良くないなー
でも音色は使いやすいから、これはこれで便利か。
使える音色を増やしたいんよなー。
トランス系と、普通の楽器系もほしい。悩むな~

Posted by Picasa

月曜日, 12月 17, 2007

ゲーム業界の常識①

その業界の人には驚きでも何でもない、でも他の業界の人から見ると、驚きなことってあるよね。
ゲーム業界に入ったばかりのぼくが、そういうことを、ちょこちょこ書いていこうかなーと思う。


ではそのいち


みんなは、ゲーム業界ってけっこう自由に仕事してるってイメージないやろうか。
たとえば出社時間。
いつ来て、いつ帰ってもいいとか思ってない?


いやいやとんでもない


やっぱり会社なので、そのへんはきちんとしてます。


ちゃんとタイムカードあります。
(もちろん、会社によってはないところもあるけど)


僕が今までいた会社は、タイムカードなんてなかったし、勤務時間も自己申告制やったから、タイムカードの押し方なんて今の会社にはいるまで知らんかった。カードを機械に入れると、ずるずると吸い込まれて、スタンプが押されて、ずるずると自動で出てくるんやけど、ぼくは知らずに、早く出てこんかーいと力任せに引っ張ったら、印字が変になって読めなくなったりしたね。

それはともかく、タイムカードって怖いね。一分でも遅刻ってわかってしまうからね。
やっぱり結構、遅刻の人も多いんよ。
ぎりぎりに来る人も多いしね。


でもね、ぼくは、この会社で遅刻する気ぜんぜんしない。


だって、12時までにくれば遅刻にならないんやもん。


つーか


11時過ぎるまで、ほとんど人いない
んやけど。


やっぱりゲーム業界はずぼらやった~・・・

日曜日, 12月 09, 2007

スーパーマリオギャラクシー ★★★★☆

スーパーマリオギャラクシーも買ったんですよ。

もうめんどいから簡単に書くけど、

なんかピーチ姫よりロゼッタの方がかわいいんじゃね?

みたいなゲームでした。

まあそんなわけで、ピーチの方はどうでもいいけど、ロゼッタのためにいろいろ面をクリアーして頑張る的なゲームやね。

あとは、ロゼッタが読んでくれる絵本が、結構好きやったな。

まあ総合的には、エースコンバット6と同じくらい楽しんだかな。スターは75くらい集めたけど、120個集めるのは大変そうなのでやらなかったな。

時間があればやりたいけどねえ~

エースコンバット6 ★★★★☆

ついでなのでエースコンバット6も。



X-BOX360の能力を生かして、さらに綺麗になったエースコンバット6!

やっぱり見所は、大量の敵機と味方機が、所狭しと飛び交う大空中戦!

これは次世代機じゃないとできへんね~

ミサイルとかあちこちで尾を引いて飛びまくってるから、ミサイルの煙だらけになるしね。マクロスみたい。

ぼくはエースコンバット大好きなので、1~6まで、当然ながら、全部やっているといいたいところやけど、3とZEROはやってないし、5は最後のステージが難しくてクリアしてないんよね。いやー中途半端なファンっぷりやね。

6はちょっと短いけど、相変わらず面白かった。でも、4の時に感じた感動はやっぱりもうなかったかな。あと、ストーリーがつまらなくはないけど、いつもよりも盛り上がりに欠けたかな。

こういうゲームは、戦いに向かうシチュエーションが大切なんよね。それだけで、モチベーション全然違うからね。そのへんの盛り上げ方が、今までのエースコンバットではめちゃくちゃうまかったんやけど、6はちょっと普通になったかな。

ゲーム部分は文句なく面白かった。マリオギャラクシーと同時に買ったけど、こっちを先にクリアーしたからね。

エースコンバットは4が好きなんやけど、ゲームとは関係ない思い出があって、ちょうどその頃飼い始めて子ウサギが、4のプレイ中に、初めて手の上に乗ってきたんよね。それまでそんなに懐いてこなかったから、うれしかったんやけど、手の上に乗られると、コントローラを動かしにくくて、結構困ったね。
ま、猫リセットとかに比べると、だいぶ被害は少ないからええねんけどね。

そういうのもあって4好きなのかもな~と今思った。

Halo3 ★★★★★

もうクリアしてからちょっと時間が経ってしまったのやけど、Halo3の感想も。

Haloは、初代X-BOXの頃からずっとプレイしてみたかった作品で、360で出るって聞いてから首を長くして待ってたんよ。アメリカでは売れまくっているらしい。日本でもHalo3は発売後しばらくは品薄で手に入りにくかったから、それなりに人気があるのかも。

プレイしての感想は、さすがというか、隙のない作り。難易度的にも、グラフィックも、展開もステージ構成も完璧。最後までX-BOXの電源を入れるのが楽しみやった。

初めてハイビジョン+5.1chスピーカで体験したからっていうんが大きいと思うけど、めちゃくちゃ楽しかった。画面は綺麗やし、音は迫力あるし、これが本当のX-BOX360の実力なんか!って思ったね。

まず普通にFPSとしておもしろいし、乗り物も多いし、戦闘はアツいし。

車に乗って巨大ボスの足の下をくぐり抜けながら銃撃を浴びせたり、飛行機に乗って飛んでみたりできるし、やたらサービス精神旺盛で飽きることがない。次は何がくるんかな~ってずっと楽しんでプレイできた。

最近面白いゲームが多いから、★5ばっかりになりそうやな~

アサシンクリードも本当は5つつけようか迷ったし。まいるね。

アサシンクリード ★★★★☆

左の画像は、アサシンクリードのムービー・・・ではなく、X-BOX360で実際に動いているゲーム画面。


すげえ~っ!


もう、今までのゲームとクオリティが違いすぎて、ゲームもついにここまで来たか!って感じがするね。


舞台は十字軍遠征あたりのエルサレム、ダマスカスなどの都市。忠実に再現してるかどうかは知らないけど、建物も、雰囲気も、行き交う街の人々も、とにかくリアルで生活感にあふれてる。主人公や人の動きも、人とぶつからないよう肩をどかしたり、お尻をかいていたり、今までのゲームとは比較にならないくらい自然。

主人公はアサシンで、気づかれずに標的に近づいて暗殺・・てのが主目的のはずなんやけど、作り込まれた舞台のおかげで、襲われてる人を助けてチャンバラしたり、塔の上に上って急降下したり、街中を自由に歩き回ってるだけでも楽しめた。

特に、塔の上からの急降下は、地面がぐんぐん近づいてくる光景があり得なくて爽快!
とにかく操作してるだけで気持ちよくて、すごい気に入ってしまった。


最近はこのゲームばかりプレイしてたんで、目が肥えてしまって、LostOdesseyをプレイすると動きの不自然さやグラフィックのしょぼさに物足りなく感じてしまった。

このグラフィックでRPG作ってほしいよなあ。

水曜日, 12月 05, 2007

すばらしきこのせかい ★★★★★

引っ越しも無事完了し、ようやくネットにつながるようになりました。
うーん、なんかネットが前より遅くなった気がする・・・

ま、いいや

結構いろんなゲームをクリアーしてきたので、レビュー書かないいけないな。

ではまずは、スクウェア・エニックスの「すばらしきこのせかい」

マジでやばいんですよこれ

舞台は渋谷、主人公は「死神ゲーム」に強制参加、7日間勝ち残ればよし、負ければ消滅・・・
そんなストーリーも気になるけど、まず驚いたのがサウンド。

ゲーム音楽ってことを忘れたかのように、歌いまくる。

え、DSで歌って流せるの?

いや流せるんですよおにーさん


渋谷の町を歩いてるときはもちろん、戦闘中でさえ、HipHopでラップな感じの曲が、普通に流れていて、ボス戦でさえ、普通にポップスな感じ。

え、そんなのでいいの?って思うけど、これがもう、シブヤという世界観にマッチしていて、すごくかっこいい。DSのスピーカーは音質が悪いので、ヘッドフォンで聴くのがベター。


町並みも、109、センター街、スクランブル交差点といった、東京に住んでる人にはおなじみの場所が忠実に再現されてる。

僕はそんなに渋谷には行かないので、クリアー後に実際にいってみたところ、位置関係や通りの場所がゲームの通りになっていて、おお、こっちにいくとハチ公が!こっちにはセンター街が!すげーゲームと同じやん!とか思って喜んでいた。

つか、正確にはゲームが渋谷と同じなんやけどね。

しかし、渋谷ってほんとに尖った街やね~、やっぱ東京の中でも、とくにおしゃれな人が多いし、ファッションレベルが高いね。真っ赤なロングコート着てる人とか、普通にいるからね。まあ彼は浮いてたけど。

なんか浮浪者までもおしゃれやからね。いやほんと。
でも、捨ててある服を適当に着てみたら、オ、オレかっこいいじゃん!ってなったのかもね。どうでもいいけど。

そうそう、あのスクランブル交差点で一斉に人が歩き出すときの迫力はすごいね。しかも服がみんな個性的やからね、個性のぶつかる街っていうのは、納得できるな。
しかも、意外と服が安いんよね。HMVも品揃え良かったし。大好きなヘビメタCDを買ってしまった。すげーよ渋谷。


・・・あーなんか田舎から出てきて初めて渋谷に行った人の感想になってしまった。


いやいやぼくは東京に住んでますよ。いやほんと。生まれは海外の高知県やけどね。


ま、「すばらしきせかい」はストーリーもかなりいい。クリアまでずーっとはまってた。いや、DSの中では出色の出来やね。尖ってるのに質が高い、なかなかできることじゃないね。

とりあえず、サントラゲットやね。
う~ん、ほとんどの曲が歌付きやから普通のポップスのCDみたい。