水曜日, 3月 07, 2007

またキーボードが壊れた

MK-249C2の調子が悪い。鍵盤を押して離したときに、ノートオフイベントが送られないことがあるみたい。おかげで、減衰しない音で演奏していると、よく音が鳴りっぱなしになってテンションが下がる。
Zetaで音を作っているときに起こり始めたので、はじめは音の作り方が悪いのかと思った。なんでこんなにしょっちゅう壊れるのか・・・扱い方が悪いんやろうか?
ピアノみたいに強く弾くのがあかんのか?そんなに力一杯弾いてないと思うけどなあ。

2 件のコメント:

marsh さんのコメント...

キーボードは良く壊れるっすね…。
以前、EdirolのPCR-1使ってたけど、真ん中のCの鍵盤の反応がわるくなったりしたので、KORGのK49に買い替えたっす。

こんどEdirolから新しいキーボードでるっすよ。

PCR-500
http://www.roland.co.jp/products/jp/PCR-500/

と、リンク書いたは良いけど、Edirolのキーボードはタッチが軽すぎてなじめなくなったからKORGのにしたんだよね…。
キーボード選びは難しいっす。

Bandle さんのコメント...

おお、新しいのでるんやね!でも高いなあw
いや、壊れないなら全然いいんやけどね。また壊れるかもと思うと、キーボードは安いものでいいかなと思い始めてるよ。まあ、衝動買いするタイプなので実際どうするかはわからないんやけどw