火曜日, 1月 16, 2007

Lost Planet

クリアしたのは昨年の末なのやけど、クリアしたゲームの感想はブログに書くと決めているので、自分にとっては今更ながら、Lost Planetの感想を書く。

ぱっと見、海外ゲームのようにも見えるLost Planetは、アクションゲームの老舗カプコンが、「日本初のFPSで、世界でヒットを飛ばす」という明確な目標の元に生み出されたゲームで、ハードウェアも、現状の次世代機では世界で一番売れているX-BOX360でリリースされた。
そんなゲームなので、気合いとお金のかけ方が違っていて、とにかく、グラフィックは超美麗。主人公のイ・ビョンホンも、なかなか格好良い。

で、プレイした感想なのやけど。
カプコンが作ったアクションゲームってことで、とにかく、硬派、高難易度。特にボス敵は強くて、死亡→コンティニュー→死亡を繰り返しながら、攻略法を見つけないと、漫然と戦ってても絶対勝てへんようになってる。こんなに歯ごたえのあるゲームは、最近久しぶりにプレイした。
とはいえ、全体のボリュームはそう大きくないので、死んだ時間を除けば、10時間程度あればクリアできるのやけど。

で、ゲームとしては手堅く面白いのやけど、同じような一人称視点のゲームとしては、地球防衛軍の方が楽しかったなあ、という印象。ばりばり撃てるし、敵も圧倒的にでかいし。
まあ、あんまり比べるようなものでもないのかもしれんけど。

このゲーム、オンライン対戦がかなり白熱するらしいのやけど、ぼくはプレイしてない。日本のFPSってのは少ないので、世界でヒットしてほしいところや。

0 件のコメント: