木曜日, 11月 30, 2006

MOTHER3をクリアーした

MOTHER3を半年かけて、ようやくクリアした。っても、少しずつプレイしてたから時間がかかっただけで、ゲーム中の総プレイ時間は20時間ちょい。

ネタバレになるのであまり詳しくは書けへんけど・・・今回、ゲーム開始時に物語の中心になる家族に名前を付けていくのやけど、おかあさん、おとうさん、双子の兄、双子の弟、犬に、家族の名前を付けた。
で、犬は飼ってないので、ウサギの名前を付けた。
そのおかげで、正直、序盤は鬱になった。プレイした人はわかると思うけど。。。

てか、プレイ中違和感ありまくり。だって、リアル自分は「兄」なのに、ゲームの主人公は「弟」なんやで。しまったあ、と思ったけど後の祭り。全然違う架空の名前にするか、逆につけとけば良かった(まあそれはそれで違和感あるけど)。

台詞回しには、さすがの糸井節が炸裂していて、シリアスすぎず、ふざけすぎずの、微妙なラインを渡ってる感じ。
例えば、物語がシリアスになったと思ったら、すぐ落とす。

「ゲームには、こういうことってよくありますよね?」

とか。ゲームに入り込みそうになると、突然現実に引き戻されるような台詞があったりして。
でも、ふざけてるわけでもなく、なんていうか、まじめにふざけてるっていうか。
でも、ラストは感動的やったりする。

こんなに評価を書きにくいゲームって他にないね。ゲームってものさしじゃ計れへん感じ。
糸井さん凄いってのは間違いないね。

酔ってるのでこういうこともたまには書こう

また一人、仕事を共にした仲間が去っていった。
はじめはまだ。。。ちょっと頼りなかったけど。どんどん成長して、立派になった。頼りになりすぎて、自分もしっかりしないとって思えるくらい。

一緒に仕事できなくなるんは、ちょっと寂しいけど。
でも、それがその人にとって良い転機になるんやろうなって、根拠はないけど、そう思ってる。だから、その人にとって、凄く大きくて前向きな一歩なんやろうなと。
これからは自分とは違う道を歩いていくことになるけど、どこか僕の見ていない場所でも、頑張ってやっていってくれよ、って思う。
そしてまた、会ったときに、見違えたね!って言えるような自分になっていてほしい。
(自分も。。。そうあろうと日々頑張っているけど)。


僕と同じでゲーム好きな人なので。。。ま、ほどほどにやってほしい。でも、グラディウスVは名作なので、是非やってほしい

ま、そんな感じで今後もよろしく。ヴァルキリープロファイルも面白いよ。

土曜日, 11月 25, 2006

そしてスターフォックスコマンド・・・またもや撃沈

立て続けに書いてるけど、もちろん一日で2本購入した訳じゃなく、ガンダムは先週、スターフォックスは昨日買ったゲーム。
なんで今更DSのスターフォックスかっていうと、自分の作っているゲームの参考になるかも、と思ったから。自分の作ってるゲームも、3Dシューティングやからね。

そして・・・スターフォックスは、すでに僕の知っているスターフォックスじゃなくなってるってことが確認できただけやった。

スーファミ、64版ではまっすぐ前に進むスペースハリアー的なゲームやったスターフォックスやけど、今回は360度どこにでも行ける仕様に(いや、前々作からそうやけど)。そして、戦闘に突入する前には、シミュレーションパートがあり、決められたターン内でフォックスやスリッピーといった仲間の駒を動かし、全ての敵と接触、倒さなくてはいけない。
敵は1ターンごとに母艦に近づいてくるので、いくらアクションパートで頑張っても、シミュレーションパートで敵を母艦にたどり着かせてしまうと、母艦は撃沈、ゲームオーバーになる。

・・・で、このシミュレーションパートと、アクションパートの食い合わせが悪い。

まず、このゲームは明らかにアクションパートをプレイしてる時間の方が長いアクションゲームやし、かなりのテクニックを要求されるにもかかわらず、おまけ的存在のはずのシミュレーションパートでミスると一発でゲームオーバーってのが納得いかない。アクション頑張ったのに、何だったんだと思わざるを得ない。

操作性も良くない。
このゲームはタッチペンで操作するのやけど、決定ボタンやメッセージを送る操作は、画面をタッチすることで行う。
そして、次のターンへ進む場合には、画面を3度タッチする。

で、人間、Aボタンと同じように、場面を次に進めたいときは画面をタッチしまくってしまう習性がある。
つまり、メッセージをスキップするために画面をタッチしまくっていると、うっかり次のターンに進んでしまい、1ターン損してしまうわけ。これがしょっちゅうあって、シミュレーションパートでミスり、アクションで頑張ったのが全部無駄になり・・・てことが頻発。

そして、ストーリーがまた微妙。
スリッピーは結婚して幸せに暮らしており、ファルコはより刺激を求めて別のチームに。
フォックスと恋仲のクリスタルは、クリスタルを危険な任務に就かせたくないというフォックスの意志に反して、自分からチームを出て行った・・・
というストーリーが、凄いハードボイルドタッチの絵とともに語られるのやけど、これって子供向けゲームちゃうの?
僕の好きやったスターフォックスはどこへ向かっていくのか。。。

まあ、アクション自体もそれほど面白くなかったので、このゲームもやはり2時間ほどプレイしてやめてしまった(まあ、序盤しかプレイしてないけど)。
実は、全作スターフォックスアサルトも買ったのやけど、そちらはDS版ほどじゃないけど面白くなくて、SFC、64版は本当に面白かったスターフォックスは、ナムコが作るようになってから面白くなくなったなあ・・・と、正直残念。

金曜日, 11月 24, 2006

PS3ガンダム・・・

PS3のクオリティをさらに楽しむべく、PS3ガンダム購入。
そして、撃沈した。久しぶりにクソゲーを引き当ててしまった感じや。
まあ、もともと買うつもりじゃなかったゲームやけど、もう少しマシやと思ってた。

まず、ゲームを開始すると、連邦かジオン軍かを選択できる。
ぼくはガンダムに登場するモビルスーツじゃ、ザクが一番格好良いと思っていて、あとはドムやゲルググやサザビーなんかが好きで、ガンダムやジムやらあの辺のわかりやすいロボット系のデザインはまったくダサいと思っているので、当然のようにジオン軍を選択。

で、ゲーム開始後、一面で3回死亡。
今までいろんなゲームをプレイしてきて、相当ゲーム慣れしてるはずの僕でも、一面でこんなに死ぬゲームってのは、普通ない。
これはむずいってことで、自軍を連邦に変更し、難易度をイージーに変更。難易度イージーでプレイするゲームは、バイオ3以来や。

それでも一面で5,6回ゲームオーバーに。慣れると死ななくなったけど、一面から強力な増援がくるってのは、正直バランスとしてどうかと思う。増援からは逃げることを想定しているらしいのやけど、それもゲーム中の台詞からはわかりにくくて、結局撃退するまで気づかなかった。

それ以降は急に簡単に。ストーリーも微妙やし、楽しむところもないってことで、だいたい2時間くらいプレイして飽きてしまい、またPS3はリッジ専用機に戻ったのやった。

水曜日, 11月 15, 2006

PS3ゲット!


ハードウェア運(?)の強い友人に、店で見かけたらPS3買っといて~と気楽な気持ちで頼んでいたのやけど、本当に買ってきてくれて、さすがに驚いた。別に並んだりはしてないし、自分の分は予約していたのですでに入手済みとのこと。いつもながら強運やなあ。

で、早速リッジレーサー7をプレイ!(リッジ大好き!)
すげー!感動!するはずが・・・
なんと、コースの半分以上が、XBOX360版リッジ6の使い回しで、かなりテンションが下がった。
初めての人はええんやろうけど、ぼくは6は結構やり込んだのに。。。

それでも、同じコースでもグラフィックはさらにパワーアップしてるし、新しく追加されたコースは、さすがPS3!って感じの美麗ぶり。
なんだかんだ言って、やっぱりはまる。

あと、弟がようやくニートを脱出したようなので、嬉しい。僕もがんばろう。

金曜日, 11月 10, 2006

Excel 2007はいいね。


うちは、今Windows Vista RC2を入れていて、Officeもベータ版を入れてる。
で、試してみたのやけど、Excel2007はかなり使いやすい。
新しいUIも使いやすいし、新機能の、数値の大小による色分け表示なんか、本当に視覚的にわかりやすい。

てことで、はぁちゃんにゲームをプレイしてもらったログを解析すべく、処理の重いところを赤で表示してみた。う~ん、真っ赤やね。
まずいなあ。

木曜日, 11月 09, 2006

100曲モーツァルト


100曲モーツァルトってのをずいぶん前に買ったのやけど、それを最近順番に聴いている。なにしろCD10枚組なので、毎日一枚ずつ聴いても一週間以上かかる計算や。
しかしモーツァルトってのは、35歳と若くして死んだ割には、作曲はめっちゃ早くて、700曲近い曲を残しているらしい。ってことは、これだけCDがあっても、1/7しか入ってないって計算か。
すげー。

水曜日, 11月 08, 2006

SONAR6

SONAR6 オンライン注文してしまった~
ってか作曲しないと!

最近仕事が楽しいかも

最近、コーディングとかの実務の比率が減ってきて、メンバーの面倒を見てることが多い。仕事を割り振ったり、スケジュールを立てたり・・・・昔の自分なら、そんなマネジメント的な業務は嫌やったのやろうけど、最近は、それも結構楽しいかもしれない。
ま、仕事の負荷が高くないから言えるってのはあるんやろうけど。

あとは・・・のだめカンタービレが面白い。

火曜日, 11月 07, 2006

Xboxで映画が見られる

アメリカでは、「Xbox Live」でテレビ番組や映画のダウンロードができるようになったらしい。

ゲーム機を家庭に導入したつもりが、いつの間にかビデオの地位を奪い取る先兵になっている。ソニーの区多良木社長も、「PS3は最新鋭のコンピュータシステム」というようなことを言っていたけど、結局、ゲーム機のままで終わらせるつもりはないということかも。
まあ、そういうつもりで買う人はおらんやろうけど。

月曜日, 11月 06, 2006

バーチャルとリアルの境界

ガンホー社員がゲーム内通貨を不正操作して、RMT業者に売っていたらしい。

ゲームとしてしか存在しないバーチャルな世界といえど、その中で流通する通貨や資産(アイテムや土地)に価値を見いだす人がいれば、それはリアルな世界でも通貨や資産として価値を持つ。
まさにバーチャルとリアルの境界がなくなりつつあるのかも。
まるでSFだ。

土曜日, 11月 04, 2006

バージョンアップのジレンマ

PhotoShop Elements 5.0を使ってみたのやけど、はっきり言って、少なくとも僕には、まったく使えへん機能しか追加されてなかった。インタフェースの改善を期待してたんやけど、それもなかった。唯一使えそうなのは、カラーカーブくらいか。

というより、買う前からカタログスペックを見て、そうなんやろうなあとうすうす感じてはいたことなんやけどね。

PhotoShopの廉価版であるElementsには、バージョンアップについては大きなジレンマがあって、それは、「本家PhotoShopを買う必要がなくなるほど便利な機能をつけることはできない」ということ。例えばその代表的なものが、「アルファ」の機能やろう。これは重要な機能でプロユースにはなくてはならんものやけど、Elementsにはついてない。

そういう足枷の中でのバージョンアップやから、当然、ヘビーユーザが本当に使いたい機能はいつまで待ってもつかへんし、しょうもない機能ばかり追加されるようになる。すると、ユーザとしてもバージョンアップする意味を失ってくる。だんだんと、作る方も何の機能を追加すればいいのかわからなくなるし、買う方もハッピーじゃなくなる難しい問題や。

まあ一ユーザとしては、売る方の事情はともかく、近いうちElementsにアルファ機能がつくことを願うばかりやね(Gimpにはアルファがあることを考えると、そう遠くない未来につくかも?)。

日光そば祭り

秋といえばそば!そばといえば日光!(?)って感じで、「日光そば祭り」をやっている日光へ行ってきた。

朝の五時に起きて電車でGO!って感じなので、電車の中ではうつらうつら。9時半に到着してそば祭り会場に着いた頃には、10時から開催のはずやのに、人が大勢うろうろしていた。
有名な「高橋名人のそば」も、すでに整理券は完売。恐るべし。

会場内を歩いてると、「熊が出没します」の看板もあるし。恐るべし。

店の数は思ってたよりも多くて、20~30くらい。たくさんの種類のそばを食べるために、4人で一人前をシェアしながら食べ歩いたのやけど、それでも最後はもう無理ってくらい満腹に。そばはさすがに美味しいし、なんかの金賞を取ったとかいう店の日光ビールも美味しかった。

昼頃には人もさらに増え、歩行者で渋滞し始めたので、今回のもう一つの目的である日光東照宮へ移動。関東の人は修学旅行といえば日光に来たらしいのやけど、僕は初めて。関西じゃ、修学旅行に京都へ行くことが多いけど、それと同じなのやろう(最近は海外に行ったりしてるが)。
東照宮は、紅葉は綺麗やし、杉は立派やし、建物は豪華絢爛やし、さすが家康といった感じ。

最後に新宿でそばを食って解散したのやけど、すごく水っぽくて、とても美味しいとはいえず、みんなで「やはり日光のそばはレベルが高かった」ってことで納得して帰ったのやった。

金曜日, 11月 03, 2006

のだめ

のだめカンタービレがなかなか面白い。

事前に予約していたPhotoShop Elements 5.0をダウンロード販売で入手した。
さっそく使ってみないと。

木曜日, 11月 02, 2006

新曲到着!

はぁちゃんからボス戦の新曲が到着!
期待して聴いてみたけど、すげー格好良い!つか期待以上!?

本人にもメールしたんやけど、ただ、ボス戦とあわせてみると、ちょっとテンポが早すぎるかなってのが気になった。
曲がいいだけではだめなのか・・・と、ゲーム音楽の難しさを感じたり。
ま、何度か聴いてれば、そのうち慣れる気もするけど。

逆に、ゲームのテンポがのんびりしすぎなのでは・・・なんて気にもなったり。
たぶん、曲につられてゲーム内容が変化するってことは、すごくあり得ることなんやろうな。

難易度調整とかキーコンフィグとか、ステージ構成の調整とか、やりたいことはたくさんある。ああ、僕も曲作りたいなあ。