水曜日, 9月 13, 2006

自分でわかるまで考えろ、から、わからないことはすぐに聞け、へ


少し年上の同僚が言っていたのやけど、自分の時代は、上司も先輩も、わからないことがあって、質問しても答えをなかなか教えてくれなかった。
「自分で調べて、十分に考えろ。それでもわからなかったら質問してこい」と言われた。

ところが最近は、「わからないことがあったら、すぐに聞け。悩んでるのは時間の無駄だ」というような風潮にかわったと言ってた。ぼくもどっちかっていうと、後者の考え方をしていると思う。

それを聞いたときは、何も思わなかったのやけど、後から考えてみると、ちょっと気づくことがあった。

昔は一つ技術を覚えれば、それで何年も食べていけたけど、IT業界は、今やドッグイヤー。今日覚えた新しいことが、半年後には古くなっているような、急激な技術の変化点にあっては、知識を得るのにのんびりやっていては、時代の変化に追いついていかない、ということかなあと。もちろん、自分で考えるのが無駄ってわけじゃなく、スピードが重要になってきているということやろう。

写真は本文とは関係ないけど、実家で飼っているウサギ。もちろんゲームに興味はないw

0 件のコメント: