火曜日, 8月 22, 2006

鰹のたたき

ぼくの勤務地は赤坂なのやけど、 赤坂にあまり縁がない人とか、ニュースでしか見たことがないって人は、赤坂ってのは、官僚とか国会議員向けの高級料亭ばかりがあって・・・みたいなイメージがあるかもしれへん。・・・もちろんそうじゃない店がほとんどなのやけど、でも、高級そうな店もないわけじゃない。

でも、その高級そうな料理屋が昼にはランチをやるわけで、昼は普通のサラリーマンが相手やから、それなりにリーズナブルな値段で飯が食べられる。

そんな高級そうな店のひとつが、「土佐料理 祢保希 (ねぼけ)」って店で、高知出身の僕はずっと気になっていたわけ。お店で、お箸を包む紙の裏を見たところ、高知にも駅前ほか、何カ所かにあるらしい。
(一応確認のためネットで調べたら、「高級接待用の店」にリストアップされてたので、まあ高級っぽいことでいいやろう)

で、今日は同僚の「行ったことのない店に行きたい」という要望で、たまたま、その店に行くことになった。ぼくは高知出身で、魚は好きやのに、鰹のたたきだけはイマイチやと思っていたんやけど、土佐料理の店に来たなら、当然たたきを食うべきやろうと思って、座り心地のいい座布団の上に座ったぼくは、一応、鰹のたたき定食¥1200を頼んだ。ていうか、全てのメニューにたたきは入っているんやけど、ぼくの食べた定食は、2キレだけ多くて、5キレ入ってる。料理が出てくるまでちょっと待たされたけど、たたき定食は、着物を着たお店の人が、上品に持ってきてくれた。

ってまあ、細かいことはいいや。とにかく、鰹のたたきは、ぼくの記憶の中の味と別に変わってなかったけど、スゴくおいしかった。ぼくの味覚が変わったのか、たたきが美味しかったのかはわからんけど、たぶん、味覚が変わった方が大きいんやろう。お店に入る前から、何となく、今ならたたきが美味しく食べられそうっていう気はしてたし。

そんなわけで、鰹のたたきも美味しく食べられるようになったぼくは、とりあえず好きじゃない魚ってのはなくなって、どんな魚でも?美味しくいただけるようになったわけや。(嫌いな魚ってのは元々ないしね)

ちなみにぼくといつも飯を一緒に食べる同僚は、北海道出身のくせにウニが嫌いらしい。ぼくが言うのも何やけど・・・すごくもったいない。

0 件のコメント: