日曜日, 7月 23, 2006

ゼノサーガ Episode3は超大作と冠するにふさわしいRPGや

ゼノサーガ Episode3をクリアしたけど、本当に久しぶりに、ぐいぐいとストーリーに飲み込まれていく感覚を味わえて、大満足した。
特に今回は、今までに2作かけて張られてきた伏線や謎が次々と解決しつつ、かつ話も冒頭部分以外は終始盛り上がりっぱなしで、久しぶりに超大作RPGをやったなという気分。

以前から、U.M.N.、グノーシス、虚数領域といった理化学・宗教・哲学用語などのない交ぜになったゼノサーガ独特の用語、あえてわかりにくくしているとしか思えない難解なセリフの言い回しなど、独自の雰囲気・世界観が魅力的なゲームやったのやけど、今回もそれは健在や。

僕が今回すごく気に入ったのは、メニュー画面にデータベースという項目が加わったこと。こいつで、いつでも登場キャラクターや地名、世界設定などの項目説明を閲覧できるようになった。本来は補完的な位置づけの物やと思うのやけど、その割に分量・内容共に濃くて、ゼノサーガの深い世界設定を知ることが出来て、データベースを読んでるだけでもかなり楽しめたし、逆にこれがないと、難解なこのゲームのストーリーを把握するのは困難なので、こいつのおかげでゲーム全体の魅力がかなり高まってると思う。

今回は、プログラマーにもお疲れ様といいたい。ってのは、戦闘シーンに突入するときの読み込みスピードが、尋常じゃないくらい速い。初めて戦闘に突入したとき、初めて吉野家へ行ったとき注文してから牛丼が出てくるまでの早さに「いつ作ったんや」って驚いたときくらいのショックがある。たぶんエンカウントタイプのRPGの中では、トップクラスの読み込みスピードやと思う。

戦闘も1より簡単になってて、スピーディで面白い。2は複雑な上時間がかかったから、これは嬉しい変更点や。キャラグラフィックも、1と2の中間くらいのイメージで、取っつきやすくなった。

欠点ってのはほとんど思いつかへんわけやけど、一つには、今回、音楽の音量がちょっと小さめってことが惜しい点としてある。これは、ヘッドフォンをつけると最適な音量になってるようなのやけど、ボス戦で音楽がほとんど聞こえないと、盛り上がりに欠けてしまうんで、もったいない。でも、曲自体はかなり良くて、僕はすごく気に入った。
もう一つは、PSで発売されたゼノギアス(名作ってことでファンが多い)と、話の各所に類似点があって、比較されてしまうって事。作ってる人も同じなんで、まあそれはしょうがないんやろう。僕はゼノギアスは合わなかったみたいで途中でやめてしまったので、話の内容はあまり知らへん。

僕がまだ学生の頃、ゼノギアスは友人がやってて、その評判は何回か聞いた。その評価ってのは、決まってこうやった。「ストーリーはすごく良いし、面白いんやけど、Disc2がどうもね。。。展開が早くて消化不良気味やし、惜しいなあ」と。途中で制作期間とお金が足りなくなったのやろう。
ゼノサーガってのは、ゼノギアスと世界観も似てて、各所で話が共通する割には、スタッフ曰く、「ゼノギアスとは全く別の話でつながりはありません」とのこと。販売元が違うってのもあるんで、大人の事情として当然、繋がりがあります、とは言えへんやろうけど、僕はたぶん、ゼノサーガってのは、ゼノギアスで最後まで満足な物を出せなかったことに対する、リベンジなんじゃないかって思う。

僕ん中じゃあ、今作はリベンジしすぎってくらい大好評や。しかも、今回はネット上での反応もかなり良いみたい。前のエピソード2が失敗といわれているだけに(ぼくは別にそうは思ってないけど)、今回の成功にはスタッフも喜んでいるんじゃないやろうか。商業的にも成功って事になってくれて、さらに続編でも何でも良いのやけど、次も素晴らしい超大作RPGを作って欲しいところやね。

0 件のコメント: