水曜日, 7月 05, 2006

DEATH NOTE 最終巻

待ち望んだDEATH NOTE 最終巻をついに読んだ。ジャンプの方では連載が終わったって事は知ってたのやけど、単行本派の僕は、最終巻が出るのをずっと待っていたわけで、今日、電車に乗って何気なく周りを見ていると、明らかにデスノートっぽい漫画を読んでる人がいたので、ついに発売したのやって事を知ったわけ。

こっからはネタバレを含むので、まだ読んでない人は読まないで欲しい。




と、断ったので書くけど、だいたい結末は予想がついていたし、それを裏切られることもなかったけど、さすがに、最後まで面白かった。
基本的には、キラのしたことは悪行として書かれていて、悪いことをすると、自分に返ってくるんだよ~ってな、ジャンプの読者は悪いことをしちゃダメだよ~って感じでキラは最後を迎えるのやけど、その後日談、最終話の最後のページで、謎の宗教団体が山に登り、謎の女性がキラに向かって祈りを捧げるシーンでこの物語は終わる。
初めこのラストを見たときは、なんのことやらわからんかったのやけど、考えてみれば、これは、キラは一部の人間達にとっては神になったという暗示であって、これはなかなか素晴らしいラストやと思う。

(少年誌の漫画としては、道徳的に問題があるような気がしないでもないけど、まあ子供には読み解けへんやろう)。

映画の方にも興味はあるけど、これはビデオで出てから観ることにしよう。

0 件のコメント: