水曜日, 6月 21, 2006

ジーコの怒り

クロアチア戦が終わった後のインタビューで、暑さに苦しめられたということにからめて、ジーコがこんなセリフを言ってた。

「熱い時間帯での試合だった。テレビ放送の都合もあってこの時間になった」

細かいところは違ってると思うけど、僕の記憶にあるニュアンスではこんな感じやった。つまり、テレビ放映が可能な時間に合わせて、わざわざ選手にとっては過酷な、日中の熱い時間帯に試合をすることになったって事で、ジーコの怒りが感じられる一言やった。TVを見てて、そんな裏側があるのか~って思った人は、たくさんおったと思う。

僕が聞いたのは当然日本語の通訳がしゃべった言葉やったのやけど、でもこれは、ポルトガル語>英語>日本語と通訳される中で、ずいぶんと気を遣ったセリフになってたらしい。実は、ジーコはもっとはっきりと、放映の都合で試合時間が決められたことについて批判をしてたらしい。

日本でワールドカップのスポンサー権の販売権を持ってるのは、広告界のボス電通。
ジーコ発言もあって、電通が試合日程まで変えたんじゃないかっていう噂が、ネット界で広まってる。
電通疑惑については、この記事がよくまとめてある。
もし本当やとしたら、企業の都合で選手達を苦しめたことになるし、電通の株価が下がってるとしても、全く同情の余地はない。

それでも、中田が試合後のインタビューで言ってたように、「熱いという条件は相手も同じ」であって、負けたからって腹いせに電通にあたってもしょうがない。
このくらいのジョークで笑い飛ばすのが、正しいものの見方やろうね。

今は負けた原因探しよりも、ブラジル戦での選手の頑張りと、欲を言えば、奇跡を起こして欲しいと願うばかりやね。

0 件のコメント: