日曜日, 6月 04, 2006

村上さんも大変や

詳しいことは知らんけど、流れから言って、村上さんは捕まるのかな?

前にもちょっと書いたのやけど、阪神と阪急と村上ファンドの話を見ていると、いつも思うのやけど、あまりにもお互いの「常識」にずれがあって、会話になっていなくて、どっちが正しいとか、そういうこと以前の問題やと思えてくる。
例えば、上場って事にしても、

・会社=法律上、株主のもの
・上場=株主に買ってもらうためにすること。買ってもらえたら、ありがとうとでも言うべき。
ってのが村上さんの常識やと思う。

阪神サイドは、
・会社=法律上は株主のものやけど、会社員とか阪神ファンの感情を無視していいってものじゃない
・上場=金を得て、名前を確かなものにする手段。一流企業なら上場すべき。でも勝手に買ってもらったら困る

お互い、自分の立場こそが当たり前の常識やと思ってて、考え方の出発点からして違うと思う。これは、日本でお金とか株とか会社についてきちんと教育せえへんってことが関係してると思うけど、それはさておき。

日本と韓国で、竹島(独島)はどっちのもんかって議論をしてるときに、日本が「国際法上、日本のもの」と言ってるけど、韓国は、「法律なんて関係ない、歴史的経緯から韓国のもんなんじゃー」って言ってるのと、全く同じ構造に見える。

でも、阪神問題じゃ、株主が法律上持ち主なんてことは関係ない、大事なのはファンの気持ちだと言いながら、竹島問題では、竹島は国際法上日本のものやから日本のものなのね。矛盾してない???


週間!木村剛に投稿してみる。

0 件のコメント: