月曜日, 1月 23, 2006

出る杭は打たれた

ホリエモンも、風説の流布やとか、そんなしょうもないことで逮捕されてしもうて、前途多難やね。

それにしても、ニュースとか、マスコミは、実態のない錬金術が破綻したとか、ホリエモン経営の限界のようなことを書き立てるけど、今回の逮捕劇は、風説の流布とか偽計という「証券取引法違反」という「犯罪を犯したこと」が問題なのであって、それ以外のこと、株価100分割とか企業買収を繰り返したことは合法的な、全く別の話で、そのあたりの話まで一緒くたにして、あんな経営手法はやっぱりだめだとか、ほれ見たことかという論調で叩きまくるのには呆れかえる。
NHKも、WBSまでもそうなのにはがっかりした。

ちょっとまえまでホリエモンを「時代の寵児」扱いしてたのに、持ち上げたと思ったら手のひらを返してたたき落とす、株価操作するのが風説の流布っていうのなら、マスコミにかなうもんはおらへんわ。

この騒動に一つだけ教訓があるとすると、それは「出る杭は打たれる」ってことかな。ずる賢くやってれば良かったのに、ちょっと大っぴらにやりすぎたから、見せしめに摘発された。
それでも、やんちゃ坊主のように「出る」ホリエモンが好きなんやなあ。

0 件のコメント: