木曜日, 1月 19, 2006

ネタバレ厳禁

今年からTBSで連続ドラマ化される東野圭吾の小説「白夜行」を読んでる。
なんでもドラマの宣伝ページのトップがネタバレ画像になっていて、作品のファンから批判を呼んだとかなんだとかで、ちょっと気になってしまったんよね。まだ半分くらいしか読んでないんやけど、確かに凄く面白いし、電車で読んでるので、最近は通勤時間が楽しみになってしもうた。

はっきりいって、僕は本でも映画でもゲームでもネタバレがものすご~く嫌いなタイプなので、自分が楽しみにしてるものについては、「白夜行」で言えば、本の帯に載ってる写真だけでも、「やめてくれ」って感じになってしまう。ゲームでも、買うと決めてるもんについては、雑誌記事も全部飛ばす。
理想を言えば、ミステリーなのか恋愛なのかも知らへんような、真っ白な状態から楽しみたい。もっと言えば、「絶対面白くないに決まってる」くらいの気持ちで見始めたい。そうやって見てみて、実は面白かったっていう作品の方が、サプライズがあって、最近やと千と千尋の物語みたいに、心に残るストーリーになる。

0 件のコメント: