月曜日, 1月 30, 2006

ダージュオブケルベロス

とりあえず、XBOXを買いに行ったはずやのに、店頭デモを見てたらいつの間にかダージュオブケルベロスを買うてた。特に、FFVIIが好きってわけちゃうねんけど、デモ画面と、Gacktの歌う主題歌(!)が異様にマッチングしてて、格好良かったんよ。

ムービーは綺麗!グラフィックは美麗!デモは格好良いしオープニングも盛り上げる。が、ゲーム部分は「う~ん」。
まだ序盤やから何ともいえへんけど、今のところ「う~ん?」って感じ。
誤解を恐れずざっくり言ってしまうと、バイオ4の劣化コピーって感じがする。アクション作り慣れてへんので、優等生的にコピーしました~って感じなんやなあ。
銃もいろいろ選べて面白いね。でも、頻繁に装備を切り替えるゲーム性やのに、入れ替えなあかんパーツが多くて、だんだん面倒になる。

ためたポイントを、経験値にするかお金にするか選択できるシステムは面白い。ところが、「レベルも低いし、HPを上げたいけど、銃の威力も不足してるし悩むなぁ」という、「買い物の楽しみ」感は、今のところない(バイオ4のときは、どの武器の威力を上げるか、真剣に悩んだものやけど)。
買い物ってのは、楽しいもので、ドラクエシリーズ、バイオ、最近はまっているベルウィックサーガも、その辺の、「あれも欲しいこれも欲しい、でも金が足りない」的な要素を、絶妙なバランスで再現してた。そういうゲームは、大抵面白い(と、今思った)。

スクウェア・エニックスにしては珍しいアクションだけに頑張って欲しいところや。最近のゲームにときどきあるんやけど、ボス敵を倒した直後に、とどめを刺すデモに切り替わることがある。これは好きじゃない。テンポが悪いし、自分が倒したという達成感と爽快感が、デモという第三者から茶々を入れられることで、薄まる。たまには良いかもしれんが、基本的に、プレーヤーの気持ちを無視する作り方の代表例やと思う。ローグギャラクシーでもこういうのがあったけど、僕的にはしらける。

と、文句ばかり言ってしもうた。だめ押しすると、期待しただけに、はっきり言って、リッジ買っとけば良かった。

良いところもある。青くてめちゃでかい男と、小さい女の子のコンビが出てくるのやけど、このコンビがおると画面が引き締まるし、キャラとしてすごく魅力的や。この2人のおかげで、ゲームのストーリー部分の魅力が増してると思う(とはいえ、ストーリーが良くできてるとは、これっぽっちも思ってない)。

でもまあ、後半印象の変わるゲームも時々あるから、これから面白くなるかもしれへん。しゃべるキャラクターの舌の動きまで見えるムービーは、開発者の魂が込められてるのがわかる。

土曜日, 1月 28, 2006

絵か音か

その魅力的な世界観と音楽でSTGという廃れたジャンルにも関わらず異常ともいえる人気を持つ東方シリーズは、タイトル画面やとかふしぶしに英訳(和訳ではない)が見られるなぁと思っていたのやけど、やはり海外を意識していたのやろうね、海外サイトでも取り上げてるところがあるし、かと思えば、Wikipediaまで。

人間の知覚っていうのは、8割が視覚情報から入ってくるというけど、僕は実は、心を一番直接揺さぶることが出来るのは、音楽やと思ってる。素晴らしい絵を見て、前向きになったり、嫌なことを忘れるということはないけど、好きな音楽を聴いたときに、落ち込んでいた気持ちが楽になったり、前向きな気分になれるということはよくある。

そういう意味で、音楽ってのは、ゲームでも重要。東方シリーズに人気がある理由の一つは、音楽が良いから。それがグラフィック以上に雰囲気を作ってるし、プレーヤーの心を掴んでゲームに引きずり込む。ある意味、音楽につくプロモの代わりにゲームがあると言ってもいい。

だから、僕は絵を描くか音楽を作るかと考えるとき、直接心に訴えかけられる道具として、音楽を作る方が、やりがいがあると思う。

FPSって、ええやん!

前から気になってた、メダル・オブ・オナーとコール・オブ・デューティという戦争物FPSゲームを、両方買ってしまった。
どっちも面白いし、戦争物好きにはたまらんと思う。僕は、普通の男性並みには戦争物には興味があるけど、無茶苦茶好きってわけでもないので、似たような戦争物のソフトを2本も買うことはなかったなぁ、と思ったけど。
FPSってのにも、僕はあまり馴染みがなかった。でも、この2本をプレイして、これは凄く良くできたゲームシステムやと思うようになった。

昨年バイオ4をプレイしたとき、まるで知能があるかのように自分で考え、フィールドの中を動き回るゾンビの行動とか、それによってこちらも考えながらの対応を迫られるというシチュエーションに興奮した。ゾンビから見えないよう、遠く離れた家の屋根に隠れてスコープから狙撃したり、銃を撃つことで逆に見つかってしまったりという駆け引きが新鮮で、面白かった。自分視点って事で、迫力も、感情移入度も文句なく高かった。

ところが、自立的に動く敵と複雑に作られたフィールドで、頭を使いながら戦うFPSアクションという形態は、既にメダル・オブ・オナーが持っているものやった。このゲームをプレイして初めて、バイオ4の下敷きには、海外で人気のFPSがあるんやということに気づいた。

それでも、バイオ4の方が、完成度は高いと思う(なにしろ僕的2005年度最高峰ゲームは、バイオハザード4,ドラゴンクエスト8,ワンダと巨像の3つやからね)。

まあそんなFPSに、もうちょっと日本のみんな、目を向けてもええんちゃうかいなあと思ったり。でも、FPSって世界観の「濃い」ゲームが多いからしょうがないかも。

月曜日, 1月 23, 2006

出る杭は打たれた

ホリエモンも、風説の流布やとか、そんなしょうもないことで逮捕されてしもうて、前途多難やね。

それにしても、ニュースとか、マスコミは、実態のない錬金術が破綻したとか、ホリエモン経営の限界のようなことを書き立てるけど、今回の逮捕劇は、風説の流布とか偽計という「証券取引法違反」という「犯罪を犯したこと」が問題なのであって、それ以外のこと、株価100分割とか企業買収を繰り返したことは合法的な、全く別の話で、そのあたりの話まで一緒くたにして、あんな経営手法はやっぱりだめだとか、ほれ見たことかという論調で叩きまくるのには呆れかえる。
NHKも、WBSまでもそうなのにはがっかりした。

ちょっとまえまでホリエモンを「時代の寵児」扱いしてたのに、持ち上げたと思ったら手のひらを返してたたき落とす、株価操作するのが風説の流布っていうのなら、マスコミにかなうもんはおらへんわ。

この騒動に一つだけ教訓があるとすると、それは「出る杭は打たれる」ってことかな。ずる賢くやってれば良かったのに、ちょっと大っぴらにやりすぎたから、見せしめに摘発された。
それでも、やんちゃ坊主のように「出る」ホリエモンが好きなんやなあ。

土曜日, 1月 21, 2006

船橋の雪

今年の冬は本当に寒くて、全国的に雪が降ってるということはよくテレビで言ってたんやけど、千葉ではいくら寒くても雪が降ることはなくて、結構他人事やったんやね。
それが、とうとう大雪が降った。

うちを出てから船橋駅までの通りは、昔からある家屋とか、個人の商店が多く、不思議なほど古風の町並みになってて、この趣のある通りは、僕のお気に入り。

今日は雪が降ったおかげで、町もちょっと見慣れない景色になっていて、まるで北国に旅行にでも来たような気分になった。 Posted by Picasa

木曜日, 1月 19, 2006

ネタバレ厳禁

今年からTBSで連続ドラマ化される東野圭吾の小説「白夜行」を読んでる。
なんでもドラマの宣伝ページのトップがネタバレ画像になっていて、作品のファンから批判を呼んだとかなんだとかで、ちょっと気になってしまったんよね。まだ半分くらいしか読んでないんやけど、確かに凄く面白いし、電車で読んでるので、最近は通勤時間が楽しみになってしもうた。

はっきりいって、僕は本でも映画でもゲームでもネタバレがものすご~く嫌いなタイプなので、自分が楽しみにしてるものについては、「白夜行」で言えば、本の帯に載ってる写真だけでも、「やめてくれ」って感じになってしまう。ゲームでも、買うと決めてるもんについては、雑誌記事も全部飛ばす。
理想を言えば、ミステリーなのか恋愛なのかも知らへんような、真っ白な状態から楽しみたい。もっと言えば、「絶対面白くないに決まってる」くらいの気持ちで見始めたい。そうやって見てみて、実は面白かったっていう作品の方が、サプライズがあって、最近やと千と千尋の物語みたいに、心に残るストーリーになる。

水曜日, 1月 18, 2006

色の名前

色名小事典という本を去年買って、暇なときに読んでる。
最近絵に色を塗るようになって、色の種類に興味がわいたので、例えば同じ赤色を見るにしても、あれは赤やけど紅に近いやとか、緋色やなんて名前がわかれば面白いやろうなあ、と思ったわけ。

例えば写真のページはオレンジ系の色が載ってて、左上から、タイガーリリー、蜜柑色、マリーゴールド、オレンジ、ゴールデンオレンジ、パンプキン、柿色、バーントオレンジ、オータムリーフ、サンタン。

時間を見つけて覚えようとは思ってるんやけど、数が多いから難しいかな。。。 Posted by Picasa

火曜日, 1月 17, 2006

ホリエモンがまたメディアを賑わせてる

堀江さんがまたメディアを賑わせてるね。しかも、今度は悪い方のニュースで。
TVでこのニュースを見たときは、思わず笑ってしまった。良いことでも悪いことでも、いろんな事でメディアを賑わせる人やなあってね。
ぼくはホリエモンの本は4冊持ってる堀江ファンやからかもしれんけど、堀江さん(やその会社の人間)ならやりそうやし、やってたとしても、それは犯罪かもしれへんけど、それでもなんというか、憎めない感じやね。

月曜日, 1月 16, 2006

スポーツクラブ再開

今年になってから初めてスポーツクラブへ行った。
去年から、週に一回スポーツクラブに行っているのやけど、なぜか昨年末は改装工事をやっていて使えへんかったので、だいたい2ヶ月ぶりくらいになるんかな。

改装工事された室内は入り口はおしゃれになってたし、当然トレーニング機器も新しくなり数も増えていて、去年から機器の数と種類に不満を持ってた僕としてはすごく嬉しい。走るマシンには、一人一台のTVまでついてて、至れり尽くせりやね(というか、今まで「いたせりつくせり」やと思っていた。変換できひんので初めて気がついた。。。)。

トレーニングが終わったら風呂に入って汗を流す。これが気持ちよくて、このために行ってると言っても過言じゃないね(別にお湯代を浮かしてるわけじゃないよ)。

土曜日, 1月 14, 2006

RSAセキュリティが身近に

また、ATMに隠しカメラが仕掛けられてたらしいね。
去年、UFJのATMにも隠しカメラが仕掛けられてたという事件があって、そのときは千葉のATMにも仕掛けられてたということで、UFJをよく使う僕としては自分の使ってたところは大丈夫やったのやろうかと不安になったんやけど、これからも被害は広まりそうで、油断は出来なさそうやね。

最近はATMに監視カメラが仕掛けられてないか、後ろから盗み見られてないかすごく気になって、きょろきょろ周りを見たり、監視カメラがないか探したりしてしまって、気づけば自分が挙動不審な人になってしまう、そんな日々不安なバンキングライフを送るぼくらを助けるべく、三井住友銀行はインターネットバンキングに使い捨てパスワードを導入するらしい。利用者はポケットサイズの専用の機械を手に入れる。その機械に、定期的に新しいパスワードが表示されるので、パソコン(や携帯?)からそれを見ながら入力する。これなら、盗み見られても平気やし、機械を盗まれない限りはお金をおろされることもないってわけ。パスワードは一分ごとに更新されるらしいのやけど、えらくせわしない間隔やと思うのは僕だけ?(^^;
ところが残念ながら、インターネットバンキング用らしいので、ATMでは使えなさそうなんやね。ATMで使えるなら、喜んで契約するんやけどねえ。惜しい。

このワンタイムパスワードは、ずっとセキュリティっぽい仕事に関わってきたぼくにはおなじみのRSAセキュリティ社の技術を使ってるらしい。自分の知ってる会社が広く知られるようになるかと思うとなんとなく嬉しいけど、別の見方をすれば、それだけ自分の身は自分で守らなあかん世の中になってきてるんやということで、素直には喜べへんのかもしれんね。

金曜日, 1月 13, 2006

景気は好調らしいけど

スロットなんて運さ。負けることもあれば勝つこともあるよ。
諸行無常。人生万事塞翁が馬。
そんな境地になれるわけもない僕は今日も大敗してヘコむのでした。
まあそんな悟った人はスロットやらへんやろうけどねえ。年末から計算してXBOX2台は買えたなあ。

今日の唯一の勝利は、自分が960Gでやめた吉宗を他の台から勝ちコイン持ち越しで移ってきた人がいて、1500Gオーバーまでハマっていたことを確認した瞬間かな。(だめすぎる)

ゲーセンは50円で長く遊べて、つくづく金のかからへん遊びやなあ。。。それに比べてスロットは。WBSでは好景気だバブルだと言うてるけど、僕の中では未だに不景気が続いてるんやけどね。

水曜日, 1月 11, 2006

妄想世界 (1)

どうして自分は他人じゃないのだろう、と思うことがある。
別に人がうらやましいとか、そういう意味じゃない。
なぜ自分は自分の体の目から見える景色を見ていて、考えていることがわかるのに、人の見ている景色や考えていることはわからないんだろうか?ってね。

自分ってのは、手とか足とか脳とかのパーツから出来ていて、それらは細胞の塊だ。細胞は一つ一つが命であるから、自分も命の塊なのかなあ。

アダムとイブの代わりに、宇宙には巨大なエネルギーの塊があり、二人の愛の代わりに、大きな爆発があり、宇宙が生まれた。そのエネルギーは、アインシュタインがE=MC^2と言ったとおりに、物質を作り、星を作り、大地が出来て、生き物が生まれた。だったら生き物ははじめからいたわけじゃなく、単に、物質が動く形のひとつの形態に過ぎないのではないか?

人が死ぬと、意識はなくなってしまうけれども、もし土に埋められれば、それは蟻とかミミズとか、バクテリアとかの栄養になって、自分の命ってのはばらばらになるけれども、なくなるわけじゃない。
命にならない部分は、あるいは空気を動かす風となる。
そんなことを、地球は一つの生命だと描いた火の鳥を読んで、同じことを考えているんだなと驚いた。

荒木飛呂彦は、人間は勇気があるから素晴らしいと描いていたけど、その指の先ほどの大きさしかない蜂だって、巣や仲間や卵を守るために自分より大きな蜂と戦おうとする。

もしも神様がいたら、、、人間は自分のことを賢いと思っているかもしれないけど、犬や猫や蟻や兎と知能の程度も知識も何も変わらない、どんぐりの背比べだと、月に行ったことを人類の英知の結晶だと誇りに思っているかもしれないけど、所詮はお釈迦様の手のひらの上、テントウムシがやたら上に上りたがるのと何も変わらないよと言うかもね。

よく知らないけど、こう考えていると、一寸の虫にも五分の魂とか、輪廻転生なんてのに通じる気がして、こういう思想は仏教的じゃないかと思う。

ま、そんなことをたま~に、ぼけ~っと、シャワーを浴びながら、ゲームのことを考える合間に、考えてしまうことがある。

金曜日, 1月 06, 2006

マネージドDirectXにてSprite, Fontオブジェクトの解放時にNullReferenceExceptionが発生する

という何ヶ月も前から放置していた問題が解決した。
他にも悩んでいる人がもしかするといるかもしれないので記しておく。(いないか)
Managed DirectXにて、アプリケーション終了時に、必ずSpriteまたはFontのOnLostDeviceメソッド内部でNullReferenceExceptionが発生していた。
原因は、Formを解放した後にSprite/Font(つまりDeviceオブジェクト)を解放してしまっていたこと。つまり、Font/Spriteオブジェクトは(恐らく)内部でフォームのウィンドウハンドルを使用していて、先にフォームを解放してしまうと、OnLostDevice内部でエラーを吐いてしまうらしい。

解決法として僕が採用したのは、FormのDisposeメソッド内部で、Device/Sprite/Fontを解放してあげること。
マネージドDirectXは、結局従来のDirectXの薄いラッパーであるらしく、内部のアンマネージなオブジェクトは、明示的にDisposeしなあかんやつも時々ある。Disposeの順序を制御するための情報として、IDisposableインタフェースのヘルプでも読めば参考になることであろう。


今日は初スロ打ってきた。吉宗965あたりから打ち始めて1800Gまで回し天井化け単、193Gでやめで-31000円。痛すぎる。後1万足せばXBox+リッジ買えたね。つか965Gから回し始めるなんてどうかしてた。おみくじ引かへんかったけど、今年の運勢はもう見えたな。

煮詰まったときぃ~

煮詰まったときぃ~(煮詰まったときぃ~)

・朝をぐずぐず布団の中で過ごす
・起きて顔も洗わず昼までゲームをする
・会社から電話がかかってきてちょっとびびるw
・昼飯を食べるために外出したときついでに買ってきた漫画を読みふける
・ちょっと罪悪感を感じてやらなければいけないこと(ゲームを作る)をする
・なぜかすぐに疲れて漫画の続きを読む
・あっという間に夕飯の時間になり外食
・帰ってきてテレビを見る
・煮詰まったので参考にする・・・という言い訳とともにゲームを始める
・あー今日一日何にもやってねえーと思いつつやりたかったこと(ゲーム作り)をやり始める
・すぐに飽きてブログを書き始める

そんな一日でした!

みなさん一日一日を後悔のないよう大切に過ごしてください(by高橋尚子さん)

水曜日, 1月 04, 2006

格好良いぜイチロー

今日の古畑任三郎FINALにはイチローが犯人役として出ていたんやけど、イチローは選手としてだけじゃなく演技も一流やった。しかも格好いいオーラが出まくっていた。殺人犯がこんなに格好良くてええのか?というのを制作サイドも気にしたのかしないのか、劇中で古畑自身、「本物のイチローは殺人は犯しません」と注意めいたコメントをしていたね。

ベルウィックサーガは始めると途中でやめどきがないから、休憩に使いづらい。どっちにするか迷ったんやけど、やはり360+リッジにしとけばよかった。でもベルウィックやってると楽しいんよなぁ。

日曜日, 1月 01, 2006

賀正

宮崎あおいの画像を見てみたらあれ?色がむちゃおかしいやん。ってことに気づいた。どうも絵を描いてたときにディスプレイのコントラストと明度を高くしすぎていて、絵の明度の高い部分が白飛びして見えてたらしいんやけど、一般的なコントラストではわりとちゃんと色が見えてしまってたみたい。

くやしかったのでうちのディスプレイで見えてた環境を再現すべく明度とコントラストを高くして、ついでに正月バージョンにしてみた。

ディスプレイの設定や種類で色も変わるし、作った人が見てる絵をそのまま相手に見せられるわけじゃないんやなぁと実感。 Posted by Picasa