木曜日, 10月 13, 2005

村上ファンドは悪くない

先日投稿したけど、記事がおかしくなっていたので再投稿。

このタイトルは、今週号のNewsweekに載っている記事のタイトル。
アメリカの雑誌なのになぜか、Newsweekに載っている記事は非常にアメリカとも、日本からも距離を置いた冷静な視点から書かれているものが多くて、ぼくは好きなんよ。

さて、スポーツ新聞を見てもニュースを見ても、「村上ファンドの真意はお金儲けじゃないのか」などというどうでもいいことを真剣に言ったり、それを理由に買収に反発している人がいる。
というより、そういう人たちが多数らしい。 肝心なのは、上場が球団や球界にとって良い影響を与えるのかそうじゃないのか。ファンにとっていいことなのかどうか、じゃないのか。考えず調べもせずに反応している人が多すぎひんか。
やはりファンってのはうわべで、本当は阪神や野球がどうなろうが知ったことじゃないんちゃうんかと思わずにおられん。

反対するにしても、それなりに考えた上でなら、もっと違った意見が出てくるはずなんやけど。(いや、そういう人は大勢いるはず。でも、目にする意見のほとんどはそうじゃない)

記事では、 ”企業買収に対する日本人の感情的な反発にはどこか的外れなところがある。(中略)村上ファンドの狙いがもし本当に「金儲け」だったとして(それが彼の仕事だが)、そのどこが悪いのか。これまで金儲けに無関心だったとしか思えない現経営陣のほうがましなのか。” と、ばっさり。
金儲け=悪って感覚?なら、あまりに幼稚。

もう一つ、なべつねさんだけが言っているのかと思っていたら、「上場は投機の対象になる」とテレビのインタビューに答えていたファンがいて、唖然とした。 ”外国のスポーツファンに言わせれば、不正は闇の中でこそ栄えるもので、上場すればむしろやりにくくなるというのが常識だ。”とも書かれてる。
「球団はファンのもの」という人にも言いたい。球団を一部の人間のものにしたくないなら、それこそ上場すべきじゃないか?今現実に、阪神だけのものであってファンのものじゃないし、阪神が買収されたらどう料理しようが買収した企業のものやで。むしろ買収したのが村上さんやったことに感謝すべきじゃないんか。

特にスポーツ新聞の記事はひどい。「村上さんの言うことはもっともで納得しそうになるが、だまされちゃいけない。金儲けが本音だ」というような、野球もファンも馬鹿にしているとしか思えない記事が幅を利かせてる。わけわからん。金儲けってのは相手にサービスをして、その対価をもらうのが当然。それは今回の場合、株価ってことになる。つまり阪神と球界を良い方向に向けることが村上ファンドの利益につながるのであって、利害は一致している。新聞を買うのは子供じゃないんやから、反対するならきちんと大人の論理で反対してほしい。

もし阪神ファンの大方の意見がスポーツ新聞に書かれている内容と一致しているんなら、ぼくはなべつねさん率いる巨人球界だけじゃなく阪神ファンまで好きじゃなくなってしまうかもしれん。 阪神の未来をちゃんと考えてるファン(結論が村上さん反対であってもいい)は、たくさんいるはずやし、そういうひとはファンにも大勢いると思うし、そう信じたいんやけど。

今日は機嫌が悪いので書きたいことを書いた。もう疲れたし寝よう。

0 件のコメント: