土曜日, 10月 15, 2005

反対意見を聞くのは難しい

阪神ファンは今回の買収についてどう思っているのか?ということで、阪神掲示板を覗いてみた。
(ぼくもひま人やなあ・・・)
賛成意見がゼロってわけじゃないけど、ほとんどが阪神上場反対の村上非難。もう反対が前提の当たり前になってて、いちいち”私は反対”なんて誰も言ってない。
ぼくは上場賛成なんで、自分とは反対の意見をずっと読むことになったわけやけど、なんていうか、頭に入ってこおへんね。脳みそが拒否反応を起こすというか、冷静に理解しようという姿勢になるのが難しかった。

その中で、まともな意見と呼べるものをちょっと拾ってみた。
この村上氏をみて率直に思ったのは、「本当にお金の話がすきなんだな」ということです。
私たちが阪神タイガースを愛して止まないのと同じように、この村上氏に代表される“ヒルズ族”の方々は、「お金儲け」が好きで好きでしょうがないんでしょう。
このボードでも、色々な人がそれぞれの主観や主義、主張をぶつけ合っているのを度々拝見しますが、彼らの主張と私たち一般の野球ファンの考え方は相容れるものではないと思います。

なるほどねえ。ぼくはこの意見を聞いて、ふか~くうなずいてしまった。そもそもの価値観が違うんかなあってね。
こんな書き込みも。

「しっかし村上は『株・株・株………』ばっかしやなぁ…。 それ以外何もないんや…。 はっきし言って銭亡者の高ピーのアホやな!
それがココ最近ナマの本人を見ての感想や!」

って意見も。逆の立場から見れば、「阪神ファンは阪神の話ばっかりやな」ってとこやね。つまり、そういうこと。

ま、村上さんも「阪神上場提案は失敗だった」ってメディアで言ってるみたいなんで、上場はありえなそうやね。

村上さんが真の阪神ファンってことがわかれば、意見を聞く耳を持つようになるかも・・・って声もあった。実際のとこ、阪神ファンも、ぼくが掲示板を読んだときみたいに、村上さんの意見に拒絶反応があって、冷静に検討できひん人が多いんやろうね。

0 件のコメント: